FC2ブログ

Photo Gallery

本日ミュージックサロンエスプリにて日曜コンサートを終えました。ノナカミュージックサロンのスタッフさんも思いがけずいらして下さいました。

普通のアーティストさんなら、

良くできました〜!

と書くのかな…
私としては反省点大ありでした。
反省点というか、課題点!と言うべきでしょうか。
今日まで精一杯やったのは確かなので、
でも何か違う。もっとこうしたら良いんじゃないか。
もっとこの方が面白いな。
とか本番をして改めて感じることが沢山あります。

だからといってその時のお客様に平謝りするのでもなく、
ありのままの自分、
正直な自分
を見てもらって更に自分自身が様々な感情と共に成長したら良いと思ってます。

ソプラノのコンセプトを使用してる方
かなりの確率で多いと思います。
どんな息遣いでも

鳴る

マウスピース。

危険です!
ちゃんと息を通すことを意識しないと
知らず知らずのうちに小さくなってしまいます。
音楽もスケールも。
要注意です!

今170を吹いてみるといかに息を通すことを意識していたら思い知らせます。
難しいマウスピースかもしれませんが、必要なマウスピースです。
たまに練習したら良いと思います。
コンセプトを選定してる身としては言いづらいですが、笑
息を通すことが大前提であることを忘れずに使いたいと思います。
それから最近のコンセプトは外形が以前のものとは変わりくわえかたに変化が出来たのも少し戸惑いますね。
内径も少し変わっているのか、息の通りが細く感じます。また近々変わってくるのでは?と目論んではいます。


20181216214236a1e.jpeg


ラヴェルのクープランの墓を演奏しました。
多少長い組曲ですのでお2人のピアニストさんに手伝っていただきました。ありがとうございました!

また新たなレパートリーを深めてゆきたいと思った日でした。最終組曲のトッカータに関しては、難曲のあまりかなりピアニストに負担をかけてしまいましたが、本当に感謝です!
明日はコンサートの打ち合わせで狛江に参ります。
かつて、住んでいた小田急線が懐かしい界隈です。
スポンサーサイト
今週末の日曜は度々出演させていただいております、
ミュージックサロンエスプリの日曜コンサートにゲスト出演させていただきます。

ミュージックサロンエスプリ↓http://www.musicsalonesprit.com

201812111417475ed.jpeg
20181211141757a18.jpeg

リハーサルの様子


毎月定期的にやられているコンサートで、
10:30開場、11:00開演、入場無料となっております。

私はピア二ストの宮澤むじかさん、中川佳彦さんと、ラヴェルのクープランの墓を演奏します。

他にも若くこれからが楽しみなヴァイオリン奏者が2名、超難曲を披露します。

フランス人のサクソフォン奏者、ヴァンソン・ダヴィット氏の演奏を聴きながら自分でアレンジしました。
特に最終組曲のトッカータピアノもサクソフォンも難曲の内容で挑戦してみようと思ってます。
トッカータの楽譜を見るだけで、何やら地獄絵図?笑
のようで、パッと楽譜を見ただけではサクソフォンはどこの旋律を奏でれば???
という感じです。

ミュージックサロンエスプリ とは知る人ぞ知る
フランスで研鑽を積まれたご夫妻が経営されてるサロンコンサートスペースで、音楽教室もやられております。
本当に憧れますね。
クリスタルのシャンデリアが特徴のリュクスな素敵空間です。

なんと!ピアノが新しいスタインウェイに変わっており、
音色、響きも一新に更に生まれ変わったエスプリになりました。

今日は随分と冷え込んでますね。
渋谷の空はずっと曇り☁️
今年は秋が長い と巷で言われていました。
おかげさまで、大好きな秋をのんびりと満喫できました。
やっと冬到来ですね!


これからの主な演奏情報

◆12/16(日)11:00開演
ミュージックサロン・エスプリ(渋谷)
日曜コンサート 入場無料
ゲスト出演
M.ラヴェル:クープランの墓
共演:中川佳彦 宮澤むじか(ピアノ)
(V.ダヴィット氏の演奏を参考に私が編曲したものです)

◆12/29(時間未定)
ダグ スペースDO(新大久保)
原ひとみ先生門下生年末コンサート
デュオ・ベティーズ(塙美里 大西智氏)で出演
D.ショスタコーヴィチ:5つの小品
(デュオ・ベティーズの他の演奏)
久しぶりのブログですが、大切なお知らをさせていただきたいので書きたいと思います。

大変光栄な事に、おそらく演奏家が誰しも憧れるであろう、オペラシティ文化財団リサイタルシリーズ「B→Cバッハからコンテンポラリーへ」の2019年度アーティストに選出していただきました。その情報公開解禁日が一昨日でした。

私がB→Cの存在を知ったのは確か高校生くらいの頃からだと思います。
それから演奏家として生活している今日この日まで、B→Cは「憧れの存在」または「遠い未知の世界。」
でした。

「自分なんかが出られるわけない。」
そう心のどこかで決めつけていた一方、いつも心の片隅にひっかかる存在でした。

何年も時を経てそれが来年度実現します。

人は皆楽器を初めて持った時は大抵同じレベルだったと思います。
それから上手くなる人、伸び悩む人、それで辞めてしまうひと、といろいろ分かれてくるわけですが、
一番大事なのは、自分を成長させる才能のある人。
だと思います。
楽器がとても上手なお友達や同級生が楽器を辞めていくのを今まで沢山見てきました。
本当にとても勿体ないことです。
それは、きっかけや、環境、勿論大前提に勤勉さ、挙げていったらキリがないですが、
このような不透明な音楽の世界で自分の道を切り開く力。
これからも忘れず心に留めておきたい精神です。
何もマニュアルなんて存在しない音楽の世界ですから自分が「いいな」と思ったことはまずやってみる。
それによって傷ついたり、打ちひしがれたりすることもあるかもしれませんが
まずは行動してなんぼだなと。


あの頃の15年前の自分に言いたいです。
「たぶん頑張ったらいいことあるかもよ?」と。

つくづく思います。未来なんて誰にも分らないですね。
誰にも決める権利はないし。



B→Cの決定はどれくらい大変かというと、今まで味わったことの無い発想・思考の転換の連続の日々。
何年も試行錯誤を経て、これにかかわって下さった演奏家、作曲家、フランスの楽譜関係の出版社、音楽事務所、相談に乗ってくださった方、
お世話になったかたが沢山いらっしゃいます。
心より感謝いたします。
こうして情報公開されただけでも勝手に感無量で、既にやりきった感が否めません。笑
たぶん、他のアーティストさんもでしょうか?
勝手に同志の気持ちを抱かせていただいております。


これまで出演されてきた偉大なアーティストの方々と来年度私と同じように出演される新鋭のアーティストの方々全てに心から尊敬の念を抱きます。知り合いも沢山出演しています。必ず、素晴らしい演奏を繰り広げられることと思いますので是非私の公演だけではなく他のアーティストの月も沢山のかたに聴いていただきたい思いです。

既にプログラム、共演者、全て決定しておりますがここは小出しに 笑
少しづつ経過報告と共にお知らせさせていただけたらと思います。
題して「B→Cへの道のり」(?!)
これはまるで武士道ですね。。。
(3年前私の師匠ジュリアン・プティ氏が来日した際に大阪城を散策していたとき「サムライって何?誰?今も存在するの?」と聞いてきたところ私の友達がすかさず
「美里のような人を指します」と答えていたのを思い出しました。笑
ちなみに他に私はピアニストのサムライを知っています。笑)


演奏だけでなく他の分野でも準備することが多そうなB→C。
その準備の様子をリアルにお届けするべくこのブログをこまめに更新するお約束をします!



塙美里のB→Cとは一体?
これまでとは一味も2味も違うB→C。
想像を超える舞台演出と音楽空間。
テーマは「鳥」
乞うご期待!

2020年1月21日[火]19:00 リサイタルホール
B→C [218]
塙 美里はなわ みさと
サクソフォン
(8/30[金]一般発売)


これからの演奏情報

◆12/16(日)11:00開演
ミュージックサロン・エスプリ(渋谷)
日曜コンサート 入場無料
ゲスト出演
M.ラヴェル:クープランの墓
共演:中川佳彦 宮澤むじか(ピアノ)
(V.ダヴィット氏の演奏を参考に私が編曲したものです)

◆12/29(時間未定)
ダグ スペースDO(新大久保)
原ひとみ先生門下生年末コンサート
デュオ・ベティーズ(塙美里 大西智氏)で出演
D.ショスタコーヴィチ:5つの小品
(デュオ・ベティーズの他の演奏




繧サ繝ャ繧ッ繝域ク医∩・亥悸邵ョ迚茨シ・DSC_3863

@Akira Muto
ご報告が遅くなりましたが、先月3月21日にデビューアルバム「エディット・ピアフを讃えて」から4年ぶりの私のセカンド・アルバムがオクタヴィア・レコードよりリリースされました。
詳細は以下の通りです。↓

《流麗にサクソフォンが舞い踊る。
新進気鋭のサクソフォニスト、塙美里の創造性溢れる第2弾アルバム。》


新進気鋭の実力派サクソフォニスト、塙美里のオリジナリティ溢れるアルバムの登場です。
2018年、ソロリサイタルデビュー10周年を迎え益々活躍の幅を広げる彼女の実力が、遺憾なく当盤に表現されています。ヴァイオリンにとっても難曲で知られる名曲「序奏とロンド・カプリチオーソ」から始まり、ファリャの情熱的な小品や、バルトーク、ピアソラなど、これまでにないようなサクソフォニストの可能性を追求したアルバムとなりました。
独創的な第2弾アルバム。ぜひお聴き下さい。
(オクタヴィア・レコード)

サン=サーンス:序奏とロンド・カプリチオーソ イ短調 作品28
バルトーク:ルーマニア民謡組曲 BB 68
ヒナステラ:粋な娘の踊り(『アルゼンチン舞曲集』より)
ピアソラ:カフェ 1930年(『タンゴの歴史』より )
メトネル:回想的に(『忘れられた調べ』作品38より)
ファリャ:スペイン民謡組曲
ファリャ/クライスラー編:スペイン舞曲(歌劇『はかない人生』より)
スクリャービン:ロマンス
          第11番作品11-11(『24の前奏曲』より)
(税込3,240円)


各種メディア多方面で紹介されております。

☆yahoo ニュース 茨城新聞はこちら

「うそが真実に、真実が嘘になるこの世の中で、皆様の耳を澄まして聴いてもらえたらうれしいです。」


☆Wind Band Press はこちら

☆タワーレコード渋谷店では5/20に発売イベントもあります。こちら

☆東京FMラジオ music bird オーディオって音楽だ!にゲスト出演いたしました。こちら

☆そのほか、ottava ラジオ、daiwaハウスの雑誌取材、アルソ出版「ザ・サックス」輝く女性サックス奏者たち、音楽の友社「バンドジャーナル」五月号、等、沢山のメディア・場所でご紹介いただきました。ありがとうございます。

セカンドCDリリースに伴い今年度上半期は特に沢山のコンサートが予定されております。
是非会場のお近くのかた、ご都合の良い日時をお選びになってお越しいただけましたら嬉しいです。
今のところ公表可能なコンサートスケジュールです。


☆コンサートスケジュール

4/28(土)14:00/16:00 丸の内エリアコンサート
   Art Piano in Marunouchi オアゾ
(丸の内・東京)
http://www.mec.co.jp/…/archives/mec180412_marunouchi_gw_fes…
5/5(土) 15:00 ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン
   (丸の内・東京)www.piano.or.jp/concert/20081905
5/12(土) 14:00 塙美里サクソフォン・リサイタル
   (シューベルトサロン・群馬)2000円
http://www.nihonpianohd.co.jp/event/?event=180512sm
5/20(日)15:00 塙美里セカンドアルバム発売イベントコンサート(タワーレコード渋谷店イベントスペース・東京)
http://tower.jp/store/event/2018/05/003013
6/2(土)14:00 避難訓練コンサート
   ~塙美里サクソフォン・リサイタル~
  (所沢市中央公民館・埼玉)
6/17(日) 15:00 塙美里セカンドアルバムリリース記念コンサート(ノナカミュージックハウス・東京)
  コンサートのみ2000円、+CD3500円
  http://www.nonakamh.com/?pid=129260634
6/25(月) 19:30 塙美里セカンドアルバムリリース記念ライブ
    (ピアジュリアン・兵庫)2100円
    http://www.pia-julien.com/
7/8(日) 15:00 塙美里サクソフォン・リサイタル
   (パリ国際大学都市日本人館・フランス)       http://www.maisondujapon.org/
7/10~14 世界サクソフォンコングレス 
    塙美里サクソフォン・リサイタル
   (ザグレブ・クロアチア)  http://www.zagrebsaxcongress.com/index.php/en/
8/23(木)13:30 宗次ホール・スウィーツタイムコンサート
塙美里サクソフォン・リサイタル
   (宗次ホール・愛知)2000円   www.munetsuguhall.com/calendar2/201808.php
9/15(土)12:00 プロムナードコンサート(水戸芸術館・茨城)   http://www.arttowermito.or.jp/
ほぼ全てのコンサートで終演後CD販売・サイン会を行います。
チケット、お問合せ、詳細はTwitter,HPをご覧ください。
http://misatosax.wixsite.com/misatosax-
Twitter https://twitter.com/miisax

ご購入はtowerrecord,HMV,ノナカミュージックハウスなど、全国各地の楽器店、もし私から直接ご購入いただけるかたはメッセージください。
メッセージとサイン付きで心を込めてお送りさせていただきます。
cd cover

オクタヴィア リリース


昨年末に相模湖交流センターにてセカンドアルバムのレコーディングを行いました。
ずっと貯めていたレパートリーを一気に!という感じの選曲で、
なかなかハードな内容でしたが終わりのない旅の中で一つの区切りのようなものが出来たのではないかと今の時点での精一杯を残しました。
リリースは4月頭予定です。(たぶん・・・)
暖かくなる頃には皆さんにスペインの風が吹く!
そんなCDになるかと思います。
プログラムはもうしばらく秘密にさせてください。
是非お楽しみに!

録音風景

オクタヴィアレコードの小野さん、ピアニストの島田さんと。
録音1

録音を聴きながらまたひたすら吹いて聴いての繰り返し。

録音2

相変わらず素晴らしいホール。冬場ということもあり極度の乾燥で、持参した蓋が閉まらないティファールポットが大活躍でした。
リードの変化が著しい!

現在は中身の編集作業などに追われております。
順調にリリース出来るようあとひと踏ん張り頑張ります。


WHAT'S NEW?