スタージュ終了!

今日をもってサクシアナのスタージュが終わりました。毎日毎朝5時半起きで一日に2人の先生のレッスンを集中して受け、フィラージュ(おさらい会、発表会)で演奏して、講評を聞いて、他の人のレッスンを聞きながら分からないフランス語があったらノートに取って調べて、休み時間にはフランス人と少しお話する。夕方にはパンクしそうでした。
講師陣は夏のGAPとほぼ同じで、CDやマウスピースも買えるし、夜は先生達のコンサート、とやっている事も同じですね。
なんて素晴らしい講習会!ここぞとばかりに恥をさらして大きな収穫するものを得ました。
勉強勉強・・・・。
いろいろな先生方の音楽を聴いて、はっとさせられました。何故この人達の音楽を聴くとこんなにため息が出るの?
凍える程寒い教会でのコンサート、素晴らしかった。
こんな気持ちになれる事、本当に幸せだと思います。

さてさて009_convert_20081209053101.jpg
明日はハバネラQのバリトンサクソフォニストのジルがCNSMでコンサートとレクチャーをします。
スポンサーサイト

3e festival saxophones en fete

003_convert_20090121212052.jpg
フランスでも今サクソフォンフェスティバルのようなものが開催されています。
1月、2月中に、先生方のコンサート、公開レッスン、レクチャー、コンクール、と盛りだくさんの内容になっています。
飛行機が安いこの時期に日本から勉強に来るのも夏の講習会に参加するのと同じくらい良いと思います。1ヶ月の飛行機のチケットを取って学校が空いてるから練習出来るし、のんびり観光も出来るし、時間的にも余裕があると思うのでなかなかお勧めです・・・。


私はこの中の講習会に参加します・・・。ああ、フランス語。手始めに(?!)今日はクリスチャンのレッスンを聴講しに行きます。

昨日はフルモー先生のレッスンでした。
張り切って朝9時からちょっとした通勤ラッシュも味わいながら学校でずっと練習してみました。
すでにフルモー先生はいらしていて「もう来たの?レッスン夜なのに」と言われましたが、いやいやあなたが凄いでしょ・・・。
しかも今日からワシントンに一週間演奏旅行だそうです。
トマジのバラードを演奏されるそうです。
レッスンではサンジュレーをフルモー先生と合わせました。
ってさらっと書いてますが、かなり凄い事ですよね。

恵まれた環境だなとつくづく思います。感謝感謝・・・。

リサイタルのお知らせ

塙美里 サクソフォンリサイタル

 
Misato Hanawa Saxophone Recital vol.1




2009年3月22日(日)16時半開演、16時開場
水戸芸術館コンサートホールATM

全席自由 前売り1500円 当日2000円
プログラム 
program

C.フランク:ヴァイオリンソナタ(編曲:塙美里)
C.Franck:Sonata

C.ドビュッシー:ラプソディ
C.Debussy:Rhapsodie

J.B.サンジュレー:デュオ・コンチェルタント 
J.B.Singelee:Duo concertant

M.ブルッフ:コル・ニドライ(編曲:塙美里)
M.Bruch:Kol Nidrei op.47   他


共演:原博巳(サクソフォン)、服部真由子(ピアノ)

主催:財団法人水戸市芸術振興財団
お問い合わせ:水戸芸術館コンサートホールATM
         TEL 029-227-8118 FAX 029-227-8130 
         
         塙美里
         TEL 0294-74-2863
         mail misatosax@hotmail.co.jp
チケットの取り扱い:水戸芸術館エントランスホール・チケットカウンター
            水戸芸術館チケット予約センター(029)226-0351
            ヤマハミュージック関東(029)224-2861

後援:朝日新聞水戸総局 水戸市教育委員会 茨城新聞社 常陸太田市教育委員会 水戸芸術友の   
    会 日本サクソフォン協会 茨城県吹奏楽連盟

 チラシ裏  mii リサイタル裏
 
 表 みいリサイタル表
  
 旧ブログにも載せましたが改めてここで宣伝させて頂きます。お時間、ご興味、ございましたら是非ご来場下さい。

チケットのお問い合わせはメールかこのブログにコメント頂いても構いません。 
どうぞ宜しくお願い致します。


  

謹賀新年

年が明けて随分日が経ってしまいましたが、新年明けましておめでとうございます。

一般的にはこの時期はお休みして寝正月など人によっていろいろと楽しみ方があるらしいですが、高校の頃から何かに追われてる感があるこの時期、相変わらずです・・・。
でも小さく息抜きなどをして楽しんでいます。

4日は私の誕生日だったのですが日本にいた頃はいつからか地元の美味しいpatissierのケーキを食べるのがお決まりになっていました。
「papillon」(蝶々という意)というケーキ屋さんで、卵のしっかりとした味が大好きです。
小さい頃は何気無く食べていましたが、後々フランスで修行されてお店を開いたpatissierと分かり、最近は益々親近感を持っています。
が、悲しいことに食べられません・・・。

その代りに?美味しいパン屋さんのガレットと(Yちゃんが買ってきてくれた)sadaharu aokiのケーキ(C)を頂きました。006_convert_20090108003545.jpg

雪だ!!!!!!!!!!
004_convert_20090108003938.jpg
プロフィール

塙美里

Author:塙美里
塙美里(サクソフォン)茨城県出身 

高度な技術を伴い、謙虚なひたむきさと情熱を持つ先進的なコンサートサクソフォニスト。2007年前田記念奨学生奨学金を授与され渡仏。2008年U.F.A.M国際音楽コンクール室内楽部門を審査員全員一致の第1位で優勝。(フランス)併せて審査員特別賞受賞。2011年レオポルド・ベラン国際音楽コンクール第1位受賞。2010年第8回パドパ国際音楽コンクールヴィルトゥオーゾ部門ディプロム取得。(イタリア)2011年第3回スタンジェル国際音楽コンクール第3位受賞。(スロベニア)その他、海外の様々なコンクールで入賞。フランス国立セルジー・ポントワーズ音楽院をサクソフォン科、室内楽科、共に最優秀の成績で卒業。カンブレ音楽院最高課程を審査員満場一致の称賛付きの首席で卒業。パリ13区モーリス・ラヴェル音楽院室内楽科で研鑽を積む。2010年にカンブレ音楽院教授ジュリアン・プティ氏の助手を務める。これまでにサクソフォンを原博巳、ジャン=イヴ・フルモー、ジュリアン・プティ、クリスチャン・ヴィルトゥ、ベアトリス・レイベル女史の各氏に師事。



その独特の煌びやかな音色と独創的な音楽性で国内外のリサイタルは満員の会場を湧かせている。所有するレパートリーは計り知れない。 ダニール・トリフォノフ氏(2011年チャイコフスキー国際コンクール優勝、グランプリ受賞)、フランス人作曲家A.ナルボーニ氏による日本初演作品を発表。現田茂夫氏指揮、日本センチュリー交響楽団とJ・イベールの協奏曲を大阪ザ・シンフォニーホールにて共演。ウィーンフィルの拠点の楽友協会にて現地のオーケストラとサンサーンスの序奏とロンド・カプリチオーソを共演。NHK-FMリサイタル・ノヴァ、ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンに出演。016年6月にはアメリカ、ウエスト・ヴァージニア大学にてソロ・リサイタルを開催予定。





2014年10月にオクタヴィアレコードより待望のデビュー・アルバム「エディット・ピアフを讃えて」をリリース。(世界初録音収録曲有り)発売日に予定枚数を完売し大きな話題を呼んだ。

塙美里公式ホームページ
http://misatosax.wix.com/misatosax-
twitter
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード