卒業試験

昨日、私の通うセルジー・ポントワーズ音楽院の卒業試験が行われました。
結果はトレ・ビアンの金メダルを頂くことが出来ました。
とりあえず、ほっとしました。というのが正直な気持ちです。

今回の課題は1、グラズノフ:コンチェルト 2、カロル・ベッファ:オブセッションより
で当日まで自分の納得の行く演奏が出来ず毎日試行錯誤の繰り返しでした。
ベッファはフルモー先生が先日日本で初演されていてDVDを聞いたりして勉強しましたが、なかなか手強い曲で体力的にもきつかったです。

4楽章に至っては、皆「もう限界っ!」てくらい苦しいので他の皆の演奏を聴いていても「がんばれ!」と応援したくなりました。

ベッファのレッスン中に良くフルモー先生が「凄い調子良いね。この曲好き?」と聞かれ(嫌いとは言えない雰囲気・・・)私:「はい」F:「自分も大好き!」みたいな感じでした。


何はともあれセルジーはとても性格が良い子が集まっているような気がします。
私にもとても親切にしてくれるし、話を聞こうとしてくれます。
フルモー先生のプラス思考と生徒に自信を持たせる教育方針などがこの和やかな雰囲気を作っているのかな、と思ったり。

私の最大のアクシデントは試験の4日程前に楽器が壊れ(原因不明)音がまともに出ない状況で、いろいろな人に見てもらいましたがなかなか直らず当日は結局Cの楽器を借りて演奏しました。ありがたかったです。

そんなこんなでやっぱりいろいろ考えた結果日本に楽器を直しに帰ります。
ついでにバカンス?なんてのんきな事言ってられないんですが、でも会いたい人もいる。食べたい物もある。行きたい所もある。でもコンクールも近い。


002_convert_20090617235127.jpg
近所のパン屋さん
スポンサーサイト

GAPの思い出2

052_convert_20090603192159.jpg

076_convert_20090603192500.jpg

089_convert_20090603193021.jpg
最終日のコンサート

087_convert_20090603193528.jpg
打楽器で参加するジュリアンとドゥラングル氏

GAPの思い出

夏と言えば、フランスに留学している人にとっては「GAP」ではないでしょうか。
自分は「ハバネラ」派だ、という声も聞こえてきそうですが・・・。

私は一昨年と昨年、2回の参加で既にGAPは夏の拠り所になってしまいました。
朝晩のひんやりとした空気、日中の強い紫外線と美味しいビール。
あっ、勿論一番は講習会の内容ですが。
毎晩ある先生方のコンサートの、全身に染みわたるような音楽・・・。
紛れもなく、今一番幸せだと実感出来る瞬間でもあると思うのです。

今年は、私は都合が悪く参加出来ないのですが今年も日本人の参加者が多いとの事で盛り上がりそうですね。

一種の林間学校の様な雰囲気もあり、悪をした生徒には先生が容赦無く叱るというシーンもありました。いろいろな滑稽なエピソードが出来て毎日お腹を抱えて笑っていたのを思い出します。

今年の夏はイタリアに行くので、その日記も書きます。

020_convert_20090603190843.jpg

010_convert_20090603190614.jpg


プロフィール

塙美里

Author:塙美里
塙美里(サクソフォン)茨城県出身 

高度な技術を伴い、謙虚なひたむきさと情熱を持つ先進的なコンサートサクソフォニスト。2007年前田記念奨学生奨学金を授与され渡仏。2008年U.F.A.M国際音楽コンクール室内楽部門を審査員全員一致の第1位で優勝。(フランス)併せて審査員特別賞受賞。2011年レオポルド・ベラン国際音楽コンクール第1位受賞。2010年第8回パドパ国際音楽コンクールヴィルトゥオーゾ部門ディプロム取得。(イタリア)2011年第3回スタンジェル国際音楽コンクール第3位受賞。(スロベニア)その他、海外の様々なコンクールで入賞。フランス国立セルジー・ポントワーズ音楽院をサクソフォン科、室内楽科、共に最優秀の成績で卒業。カンブレ音楽院最高課程を審査員満場一致の称賛付きの首席で卒業。パリ13区モーリス・ラヴェル音楽院室内楽科で研鑽を積む。2010年にカンブレ音楽院教授ジュリアン・プティ氏の助手を務める。これまでにサクソフォンを原博巳、ジャン=イヴ・フルモー、ジュリアン・プティ、クリスチャン・ヴィルトゥ、ベアトリス・レイベル女史の各氏に師事。



その独特の煌びやかな音色と独創的な音楽性で国内外のリサイタルは満員の会場を湧かせている。所有するレパートリーは計り知れない。 ダニール・トリフォノフ氏(2011年チャイコフスキー国際コンクール優勝、グランプリ受賞)、フランス人作曲家A.ナルボーニ氏による日本初演作品を発表。現田茂夫氏指揮、日本センチュリー交響楽団とJ・イベールの協奏曲を大阪ザ・シンフォニーホールにて共演。ウィーンフィルの拠点の楽友協会にて現地のオーケストラとサンサーンスの序奏とロンド・カプリチオーソを共演。NHK-FMリサイタル・ノヴァ、ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンに出演。016年6月にはアメリカ、ウエスト・ヴァージニア大学にてソロ・リサイタルを開催予定。





2014年10月にオクタヴィアレコードより待望のデビュー・アルバム「エディット・ピアフを讃えて」をリリース。(世界初録音収録曲有り)発売日に予定枚数を完売し大きな話題を呼んだ。

塙美里公式ホームページ
http://misatosax.wix.com/misatosax-
twitter
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード