涙の理由は・・・

無事スタージュから帰って来ました。7日間毎日ジュリアンのレッスンを受け、沢山話し合い、コンサートもし、ジュリアンの実家にもお世話になり、とにかく、充実しすぎた日々でした。
今回、コンサートに出演した後に、ジュリアンから話があるとの事で、まさかの?破門?宣言?!を受けました。というのも、もう卒業していいよ。という話だったのです。
美里のオリジナルを持って日本で大いに活動しなさいとの事。夜な夜な話し込んだその内容は貴重すぎて宝物すぎて、言葉に出来ません。もう巣立ちなさいという事ですが、ジュリアンは一生私の先生です。
人と人の出会いは本当に不思議な物で、その人にあるタイミングや運命がちゃんとあるんだなと感じています。
ジュリアンに出会ってから私は一度も日本に帰りませんでした。
だいたい日本で満足に過ごしていたら私はフランスにも来なかったし、あなたにも出会わなかった。探し出そうと思わなかった。と言いました。皆フランスに来る人は何かしら思ってるから来るんだよ。とも言いました。

レッスンで言われた事をさらうとき、涙が出ます。嬉しすぎて。
スポンサーサイト

いよいよ

スタージュが近づいております。
正確に表現するとスタージュでは無くジュリアンの実家でマンツーマン合宿だな、こりゃ。笑
なんとなく最近までばたばたと動いていて、やっとゆっくりさらえると思いきや、頭の中はごちゃごちゃと・・・。
ボルドーで又カヌレを食べたいです。
一昨日ベアちゃんから電話があって(ジュリアンの奥さんです)「スタージュのコンサートでトマジ吹いてねって美里に伝えといてって今ロシアにいるジュリアンから電話があったの。あと、誰かとデュオもやってねって。」
ちょっ、待って。笑
えーっと、16日の夜からボルドー行って18日にそのコンサートとやららしく、一体誰とデュオを?そして急すぎて時間無いし・・・。相変わらずむちゃ振りの先生です。
しかも、ロシアにいるなんて聞いてなかったぞっ!
とりあえずトマジもそれとなくさらい直しておこう。

ジュリアンは16日にロシアから戻ってきて、私と同じ電車でボルドーに向かうらしく、明らかに電車で作戦会議ですね。
あ~、前にもこんな事あったような。あれは車の中でした・・・。
とにかく頑張ってきます。

053_convert_20110415040539.jpg



最近外出ばかりしていたら疲れて早く家に帰りたいとかこもりたいって思っていたけれど朝からずっとさらっていると夕方には、外の空気を吸いたくなるもの。家の近くにセーヌがあって散歩に出かけると必ず立ち寄ります。河原に座っていろいろ確認したい事等をノートに纏めたり、楽譜を読んだりするのが最近好きです。
写真は丁度昨年の10月下旬頃、ディナンの前ですね。
昨年の秋はヨーロッパで秋を長く堪能できる年。と一般的に言われていたそうですが、さほど実感は無く年月は過ぎるのは早く・・・それでも、やはり昨年の秋の景色は格別だったような気が。(いろいろな事があって感情移入しているのは否定出来ません!)

黄金の季節。
又絶対来たいな。

次回は

先日のクロワッシーでもコンサートが大変有難い事にご好評を頂き再び演奏出来る機会を得る事が出来ました。
本当に嬉しいです。今度は5月の中旬に開催されますがチャリティーで、という事でやらせて頂きます。
前回は小さなテアトルでしたが今回は隣町の大きな教会で、市全体が協力してやる事になったそうです。
何やら大がかり・・・・緊張ですが頑張ります!又詳細はここでお伝え出来ればと思います。
(いつも事後報告になっている気がしますが)

そして再びフランスは小さなバカンスに入ります。
私は1週間強ボルドーに行き朝から晩まで、Jとレッスンやら練習やら。
恐らく二度とこんな日々は戻って来ないでしょうから、精一杯味わって来ようと思います。
単純にボルドーという地が好きなのでそれも楽しみ・・・

020_convert_20110211034209.jpg




プロフィール

塙美里

Author:塙美里
塙美里(サクソフォン)茨城県出身 

高度な技術を伴い、謙虚なひたむきさと情熱を持つ先進的なコンサートサクソフォニスト。2007年前田記念奨学生奨学金を授与され渡仏。2008年U.F.A.M国際音楽コンクール室内楽部門を審査員全員一致の第1位で優勝。(フランス)併せて審査員特別賞受賞。2011年レオポルド・ベラン国際音楽コンクール第1位受賞。2010年第8回パドパ国際音楽コンクールヴィルトゥオーゾ部門ディプロム取得。(イタリア)2011年第3回スタンジェル国際音楽コンクール第3位受賞。(スロベニア)その他、海外の様々なコンクールで入賞。フランス国立セルジー・ポントワーズ音楽院をサクソフォン科、室内楽科、共に最優秀の成績で卒業。カンブレ音楽院最高課程を審査員満場一致の称賛付きの首席で卒業。パリ13区モーリス・ラヴェル音楽院室内楽科で研鑽を積む。2010年にカンブレ音楽院教授ジュリアン・プティ氏の助手を務める。これまでにサクソフォンを原博巳、ジャン=イヴ・フルモー、ジュリアン・プティ、クリスチャン・ヴィルトゥ、ベアトリス・レイベル女史の各氏に師事。



その独特の煌びやかな音色と独創的な音楽性で国内外のリサイタルは満員の会場を湧かせている。所有するレパートリーは計り知れない。 ダニール・トリフォノフ氏(2011年チャイコフスキー国際コンクール優勝、グランプリ受賞)、フランス人作曲家A.ナルボーニ氏による日本初演作品を発表。現田茂夫氏指揮、日本センチュリー交響楽団とJ・イベールの協奏曲を大阪ザ・シンフォニーホールにて共演。ウィーンフィルの拠点の楽友協会にて現地のオーケストラとサンサーンスの序奏とロンド・カプリチオーソを共演。NHK-FMリサイタル・ノヴァ、ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンに出演。016年6月にはアメリカ、ウエスト・ヴァージニア大学にてソロ・リサイタルを開催予定。





2014年10月にオクタヴィアレコードより待望のデビュー・アルバム「エディット・ピアフを讃えて」をリリース。(世界初録音収録曲有り)発売日に予定枚数を完売し大きな話題を呼んだ。

塙美里公式ホームページ
http://misatosax.wix.com/misatosax-
twitter
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード