ワンコインコンサート

3月28日大阪市立芸術創造館二階 レコーディングスタジオにてワンコインスタジオライブを行いました。
約一時間ほどのステージで、オーディションを控えた曲や、新曲などを頑張って乗せてみました!
いわゆる「レコーディングスタジオ」でこのようなコンサートをさせていただくのは初めてで、きっとものすごくデッドで吹きずらいのでは?と少し心配もしておりましたが、思いのほかそんなこともなく大丈夫でした。
大変ありがたいことにワンコイン&常連さんが沢山いらっしゃるコンサートということでだいぶ前から完売のお知らせが・・・
(よりによって初めて人様の前でロンカプを披露するコンサートに・・・汗)
ぎりぎりまで戦いました!
もうすっかり春の陽気のコンサート日和だったことをはっきり覚えています。
キツイ仕事が終えた旦那さんにも駆けつけてもらえて充実した時間を過ごすことができました。
11062859_959882110689323_6709563973458267697_n.jpg
ピアニストの谿さんと

19506_959882164022651_8430008613160751873_n.jpg
終演後カフェでプチ打ち上げ

10455096_954080417936159_7276237164590847444_n.jpg

演奏させていただいたプログラム


R.シューマン:アダージョとアレグロ

S.ラフマニノフ:チェロソナタより第3、4楽章

C.サンサーンス:序奏とロンドカプリチオーソ

A.ピアソラ:タンゴの歴史

アンコール
ヒナステラ:優雅な乙女の踊り
プーランク:エディット・ピアフを讃えて


スポンサーサイト

病院コンサート

3月14日のホワイトデー。まだ朝は冬の寒さが残りつつもお昼間は優しい日差しが差し、暖かなコンサート日和となりました。
恒例の病院コンサートの日です。ピアニストはいつもコンサートの度にご一緒させていただいておりすっかりお馴染みの谿さん。
今回は上ヶ原病院でのコンサートで昨年も同じような時期にやらせていただきとても楽しく和やかな雰囲気だったことを思い出します。
こちらの院長先生の熱心な音楽に対する情熱がこのコンサートを支えているのだと感じられます。
入院されている方のみならずご近所の方たちもこのコンサートの為に駆けつけてくださいました。
ここのお客様はいつも熱心に聴いてくださり演奏していて非常に集中できる環境に本当に感謝です。
実は私の自宅からとても近いので徒歩でも行けてしまう距離なのです!行きはバスでしたが帰りは散歩がてら徒歩で帰りました。

演奏させていただいたプログラム

S.ラフマニノフ:チェロソナタより第2、3楽章
R.シューマン:アダージョとアレグロ
A.ピアソラ:タンゴの歴史より「カフェ1930」
どんぐりころころ(皆さんの合唱とともに)

11071078_952304888113712_1255658663986210870_n.jpg

終演後カフェにて

こちらにも記載いただいております。
ホワイトデーの贈り物は
DSC04488.jpg

バジルせんせい

2月28日アレキサンダーテクニック講師のバジル・クリッツァー先生のレッスンを受けてきました。
以前からFBなどでバジル先生のことは存じ上げておりいつかレッスンを受けてみたいなとずっと思っていましたが今回大阪にいらっしゃるタイミングで希望がかないました。
ずっと疑問に思っていたことや、うすうす「これで良いと自分は思ってやっているけれど本当のところどうなんだろう?」という事を中心に質問、演奏させていただきご意見を頂きました。主に呼吸面です。
単純なことでこうも演奏が変わること、プラスの明るい考えの音楽が開けること、わかっていたつもりだったけれどわかっていなかったこと。
本当にバジルせんせいに出会ってよかったなと心から思います。
レッスンの内容は勿体無くて書けないので是非皆さんもバジルせんせいのレッスンを受講されることをお勧めします!

又早くバジル先生に会いたいです。
そう思わせて上手くさせてくれる先生って最高ですね。
私も今は教える立場なのでいろいろと考えさせられました。
「あ~、明日レッスンだ、どうしよう。やだな。」
と思う人が大方ではないでしょうか。私も昔はそうだったし。
でも、本来は上手くなったら嬉しいしレッスンは嬉しい時間なはずなのに・・・!

10426547_945318388812362_5774410652573023942_n.jpg

レッスン後。ありがとうございました!


コンサート記録等・・・

10991268_937403409603860_1587423659227120725_n.jpg
随分とブログを放置してしまったので何から書いて良いかわからず・・・
とりあえずコンサートの記録を載せていこうと思います。

年明けて、パリでのコンサートを終え、2月13日に名古屋の宗次ホールにてランチタイムコンサートをピアニストの法貴彩子さんとさせていただきました。法貴さんはパリに長年の留学経験がありとても優秀なピアニストとしてご活躍されています。初めてのホールでしたが噂ではとても良いホールで室内楽には最高の響きとのことでしたのでこの日演奏させていただくのがとても楽しみでした。当日まで名古屋の方の友人が少ない中集客の方が心配でしたが会員様が沢山お見えになりホールもほぼ満席で盛会に終えることが出来ホールの方の絶大なサポート私を支えてくださった法貴さんに心より感謝申し上げます。終演後には会員様との記念撮影が舞台上で行われホール自体の運営、企画がかなりしっかりされている印象を受けました。舞台裏にもこれまで演奏されてきた演奏家の方々のポスターがいっぱい。友達を沢山発見!

自分としてはテナーのMPがこのときうすうす気づいていたのですが少し古くなっており(使用して1年足らずですが私の場合ヘリが早いのです・・)やはりこの演奏会後にすぐ新しいものを買いに行きました。とっても吹きやすくなったのは言うまでもありません・・・

法貴さんとは私が関西に来てからお近づきになったのですが和やかな雰囲気の合わせのなか私の特徴をしっかり捉えてくださっていてもう最後には「好きにやってください。なんかその方が美里さん活き活きしてるから(^^)」
「ピアノはソリストに翻弄されて何ぼだと思うから」
と、まるで「母なる大地」のような発言にドキドキしつつ、はい。

かなり好きにやらせていただいたように思います。

すみません。
そして本当にありがとうございました!

名古屋にはパリに留学していたときの友達が二人、サクソフォニストの瀧くんと辻さんがいます。二人とも帰国後も地元で頑張っている様子が今はFBなどを通じてわかるので励みになり嬉しいです。
辻さんとは終演後ひつまぶしランチをご一緒しました!ノリで入ったお店が思わぬ高級で戸惑いましたが終演後の打ち上げのつもりでせっかくなので美味しくいただきました。ランチタイムコンサートだったので会場9時入り、新大阪7時半?くらい?の早朝から頑張ってテンションを上げてきました。




演奏させていただきいたプログラム

R.シューマン:アダージョとアレグロ(テナー)
I.アルベニス:グラナダ(ソプラノ)
C.シャミナーデ:スペイン風セレナーデ(ソプラノ)
F.プーランク:夜想曲、バディナージュ、ユモレスク(ソプラノ)
E.ファリャ:スペイン民謡組曲(ソプラノ、テナー)

アンコール
F.プーランク:エディット・ピアフを讃えて

終演後はデビューアルバムのサイン会を行いました。

10986845_937518316259036_8417655147461549144_n.jpg
ホールの入り口にて
プロフィール

塙美里

Author:塙美里
塙美里(サクソフォン)茨城県出身 

高度な技術を伴い、謙虚なひたむきさと情熱を持つ先進的なコンサートサクソフォニスト。2007年前田記念奨学生奨学金を授与され渡仏。2008年U.F.A.M国際音楽コンクール室内楽部門を審査員全員一致の第1位で優勝。(フランス)併せて審査員特別賞受賞。2011年レオポルド・ベラン国際音楽コンクール第1位受賞。2010年第8回パドパ国際音楽コンクールヴィルトゥオーゾ部門ディプロム取得。(イタリア)2011年第3回スタンジェル国際音楽コンクール第3位受賞。(スロベニア)その他、海外の様々なコンクールで入賞。フランス国立セルジー・ポントワーズ音楽院をサクソフォン科、室内楽科、共に最優秀の成績で卒業。カンブレ音楽院最高課程を審査員満場一致の称賛付きの首席で卒業。パリ13区モーリス・ラヴェル音楽院室内楽科で研鑽を積む。2010年にカンブレ音楽院教授ジュリアン・プティ氏の助手を務める。これまでにサクソフォンを原博巳、ジャン=イヴ・フルモー、ジュリアン・プティ、クリスチャン・ヴィルトゥ、ベアトリス・レイベル女史の各氏に師事。



その独特の煌びやかな音色と独創的な音楽性で国内外のリサイタルは満員の会場を湧かせている。所有するレパートリーは計り知れない。 ダニール・トリフォノフ氏(2011年チャイコフスキー国際コンクール優勝、グランプリ受賞)、フランス人作曲家A.ナルボーニ氏による日本初演作品を発表。現田茂夫氏指揮、日本センチュリー交響楽団とJ・イベールの協奏曲を大阪ザ・シンフォニーホールにて共演。ウィーンフィルの拠点の楽友協会にて現地のオーケストラとサンサーンスの序奏とロンド・カプリチオーソを共演。NHK-FMリサイタル・ノヴァ、ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンに出演。016年6月にはアメリカ、ウエスト・ヴァージニア大学にてソロ・リサイタルを開催予定。





2014年10月にオクタヴィアレコードより待望のデビュー・アルバム「エディット・ピアフを讃えて」をリリース。(世界初録音収録曲有り)発売日に予定枚数を完売し大きな話題を呼んだ。

塙美里公式ホームページ
http://misatosax.wix.com/misatosax-
twitter
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード