ジュリアンてどんな人?④

留学中、いつも唐突な事を言っては私たちを驚かせていたジュリアンです。
今回のツアーに関する連絡関係も予想を超えてよい感じに私をイラつかせています。笑

留学中のエピソードで言えば、

ある日ジュリアンから電話で
「もしもし?今すぐふけるソロの(無伴奏の)レパートリーある?」

(嫌な予感。)
私「はい。バッハ、ロバ、ブリテン、、、、などなら。」

J「明日僕のコンサートの本番で吹いてくれないかな?1時間半ソロで(無伴奏)吹かないといけないんだ。」

(え?今言う?)

J「OK。じゃあ僕と半分ずつで吹こう。明日朝の5時40分にbondyの駅に迎えに行くから。じゃあ、また明日。練習しておいてね!」


わけがわからないまま、電話は終わりました。
が、呆然としたまま明日一体何を演奏すればよいのやら・・・
どうやら自分のコンサートだった事を頭からすっかり抜けていて企画の人に言われて気づいた始末・・・。
まず朝の5時40分て真っ暗だし、増してやボンディなんて治安の悪い駅に・・・ああいやだな~。と思いつつちゃんとやらなきゃ!
と猛練習して迎えた本番でした。

こんな土壇場に鍛えられたのも今では良い経験を思うしかありませんね。

先日スカイプでジュリアンと話したところ
J「プログラミングの事なんだけど、、、、」
と切り出され、とっさに

私「今更変えるとかできないからね!日本はフランスのようにはいきませんから。怒」
と念を押しておきました。
(そこらへんは大丈夫でした。(^^))

「寝てても吹ける」ヴィラ・ロボスに期待しましょう。

コンサート終焉後には会場にてジュリアンのCDを販売いたします。
国内では勿論入手不可能品で、当日限定販売になりますので楽しみに待っていてくださいね。
サイン会もございますので皆様奮ってご参加ください。
さて明日はジュリアンのプリペードの携帯電話を買いにいこうかな。

トリオ・クレツェール。聴いてみてください。



<リサイタル情報!>

塙美里サクソフォン・リサイタル~ジュリアン・プティ氏を迎えて~    
神奈川公演  
◆日時:2016/03/14(月) 18:30開場19:00開演
会場:横浜みなとみらいホール(神奈川)
◆03/19(土)15:30開場 16:00開演
水戸芸術館コンサートホールATM(茨城)
◆03/21(月・祝)13:30開場 14:00開演
(公財)青山財団助成公演 
バロックザール 京都 青山音楽記念館
◆共演:酒井有彩(Pf) ジュリアン・プティ(sx) 大西智氏(sx)
◆全席自由 一般3000円 学生2000円◆プログラム:
N.アレンスキー:ピアノ三重奏
H.ヴィラ・ロボス:ファンタジア
クレズマー音楽
E.D.ファリャ:スペイン民謡組曲
チケット予約http://misatosax.wix.com/misatosax-#!contact/czpl
株式会社アクタス 03-5458-1521
パスレルアート&ミュージック 06-6415-9283 , 090-6061-1761
12247125_1075689339108599_5534433876849454208_n.jpg




スポンサーサイト

ジュリアン・プティ氏公開レッスンのお知らせ

3月14日みなとみらい公演の翌日、2016 年 3月 15日(火)場所:アクタス
アンナホール6F(音だし・控室5F)聴講無料


受講生

古林えりさん 11:00~11:50
横山美優さん 11:50~12:40

昼休憩 12:40~13:40

中島諒さん 13:40~14:30
小出里奈子さん 14:30~15:20
三浦夢子さん 15:30~16:20
竹内理恵さん 16:20~17:10

ジュリアン・プティ氏によるマウスピース、選定会(無料)
その他個々のリードやセッティングの検証をしていただけます。 17:20~


今更聞けない(?!)基礎練習の方法や現代奏法も細かく丁寧にレッスン致します。
どなた様でもご予約不要で聴講いただけますのでこの機会に是非お気軽にお出かけください。


SaxOpen Strasbourg 2015

サクソフォンを専門にやっていると同じ楽器であるのに本当に様々なタイプの人に出会います。
それは性格とかではなく音楽の方向性や活動のベクトルのようなものが他の楽器よりはるかに枝分かれする傾向にある事です。
例えばピアニストは「普通は」幼少期にピアノに出会い才能を見出されるか良い先生に出会いその道へ・・・。
弦楽器もほぼそのような感じではないでしょうか・・・。
サクソフォンの人は人によっては高校生の時に吹奏楽で出会ってなんとなく音大入ってしまいました。
という方も中にはいらっしゃるのではないでしょうか。
そしてコンサートなどで伴奏者が必要になりピアニストにお願いして、
果たしてその時、のピアノとのアンサンブルでピアニストと同じようなレベルで音楽の中身を考えられるのでしょうか。

・・・現実的に、なかなか難しい問題です。

本番があるし、時間が無い、とりあえず合わせ。


どうなのでしょう。
日本のサクソフォンの世界は、次にやるエチュードはこれ。次はこれ。
この曲は最初にやるべき。
誰もが信じて疑わない、当然のような見えないレール。

果たしてそこに疑問を持つ学生さんはいるのでしょうか。
いや、疑問を持つ余裕や何か考える隙があるのでしょうか。
疑問を持つ前にとにかくやれ。という事なのかな。

アンブシュアをこうつくらないといけない。口を張って。顎を引いて・・・。
~しないといけない。~はいけない。
(すべてが否定形?)

フランスは違うような気がします。
「欲しい音」を出す為に「ふう~」と息を入れるだけ。
要するに「こんな音色」が欲しいならば口の形を決めてかかることはない。
という考えです。
顎が丸まっていても、マウスピースが曲がって口に入っていてもある程度はお構いなし。
素敵な音色が出ればOK.
(ただしこれがもっとも重要)


舌を下げずに、スピードのある「冷たい」息で!息で支える。
(4番のリードでも薄いと感じるくらい!)
中心に集めて!
「ピューーーー」

ジュリアンが良く言っていたセリフです。
今でも脳裏に焼き付いています。






006_201602151935592f2.jpg
文とは関係無し、大好きなロンドンの朝。

ジュリアンてどんな人?③

何を隠そう彼は・・・・1979年8月生まれ。
という事は、37歳。
(私の5個上です)
確か奥さんのベアトリスは34歳とかそのくらいだったような気が・・・。

わ、わかい。

ミュンヘンの次には2002年のディナンで第2位を受賞されています。
(優勝は原先生)
今はもう廃止されて見れなくなってしまったジュリアンの素敵なHPには毎回ディナンでの表彰式の動画がトップページでみられるようになっていて、「第2位」を発表されたときの潔い舞台への行き方。笑
その前の原先生との何とも言えない緊張感の空気の動画。何度もみました。
懐かしいです。

何気にこのお2人に習っていた生徒は世界に私しかいないことに気づきました。
くわばらくわばら。笑

「あのHPなぜ無くなったの?」とジュリアン聞いたら「管理にお金がかかるからやめた」との事でした。笑
結構充実したHPだっただけに非常に残念です。

ジュリアンに習い始めて一番最初に取り入れた方が良いと提案されたのがヴィブラートのかけ方です。
CDや実際生演奏を聴いてうすうすは気づいてたのですがどうやら彼、ヴィブラートのかけ方が「口」ではなく「息で」やってるみたい、と。
「息でかけられるように練習して」
といわれ、こんなふうに。
「ふう~ふう~ふ~~ふっふっふっ」
例えばディミニュエンドしてPPにしたときにも息でかけたら支えがなくならないから綺麗に最後までリードノイズ無くかかるよ。とのことでした。音程も変に下がったりしないし、音色も崩れない。

なるほど!とてもとても美しい!
勿論今でもこのヴィブラートのかけ方は変わっていません。
百聞は一見にしかず。という事で是非コンサートでも是非注目してみてくださいね。
マスタークラスでも丁寧に細かく教えてくれるはずですので期待していてください。

レッスンでは口と息の交互にかける練習を沢山しました。
(ジュリアンのヴィブラート懐かしいなぁ。すっごく腹筋使ってる感じの・・・。体が動いちゃってる感じの。笑)

またまた昨年の写真を載せておきます。
次回からはジュリアンとの沢山の面白ろ?エピソードを少しずつ振り返ってゆきたいと思います。
お楽しみに!
002.jpg


<リサイタル情報!>

塙美里サクソフォン・リサイタル~ジュリアン・プティ氏を迎えて~    
神奈川公演  
◆日時:2016/03/14(月) 18:30開場19:00開演
会場:横浜みなとみらいホール(神奈川)
◆03/19(土)15:30開場 16:00開演
水戸芸術館コンサートホールATM(茨城)
◆03/21(月・祝)13:30開場 14:00開演
(公財)青山財団助成公演 
バロックザール 京都 青山音楽記念館
◆共演:酒井有彩(Pf) ジュリアン・プティ(sx) 大西智氏(sx)
◆全席自由 一般3000円 学生2000円◆プログラム:
N.アレンスキー:ピアノ三重奏
H.ヴィラ・ロボス:ファンタジア
クレズマー音楽
E.D.ファリャ:スペイン民謡組曲
チケット予約http://misatosax.wix.com/misatosax-#!contact/czpl
株式会社アクタス 03-5458-1521
パスレルアート&ミュージック 06-6415-9283 , 090-6061-1761
12247125_1075689339108599_5534433876849454208_n.jpg

ラフマニノフ

ジュリアンの連載は今回はちょっと休憩して・・・笑


ラフマニノフのチェロソナタより第3楽章・・・。
何度聴いても心奪われてしまう旋律と和声。
2年前の私のリサイタル「塙美里サクソフォンリサイタル ~M.シャガールの愛した音楽~」で取り上げたのですが、又いつか再演したいなぁ。今度は全楽章弾いてみたいです。

遠目に愛おしいものを見るような、まるでそんな世界観・・・。


本当に美しいなぁ。

大のお気にいりの動画をどうぞ。
Narek Hakhnazaryanの演奏です。


<リサイタル情報!>

塙美里サクソフォン・リサイタル~ジュリアン・プティ氏を迎えて~    
神奈川公演  
◆日時:2016/03/14(月) 18:30開場19:00開演
会場:横浜みなとみらいホール(神奈川)
◆03/19(土)15:30開場 16:00開演
水戸芸術館コンサートホールATM(茨城)
◆03/21(月・祝)13:30開場 14:00開演
(公財)青山財団助成公演 
バロックザール 京都 青山音楽記念館
◆共演:酒井有彩(Pf) ジュリアン・プティ(sx) 大西智氏(sx)
◆全席自由 一般3000円 学生2000円◆プログラム:
N.アレンスキー:ピアノ三重奏
H.ヴィラ・ロボス:ファンタジア
クレズマー音楽
E.D.ファリャ:スペイン民謡組曲
チケット予約http://misatosax.wix.com/misatosax-#!contact/czpl
株式会社アクタス 03-5458-1521
パスレルアート&ミュージック 06-6415-9283 , 090-6061-1761
12247125_1075689339108599_5534433876849454208_n.jpg


ジュリアンてどんな人②

さて前回の続きの流れからまいりますと、そのジュリアンのミュンヘンのライブCDを聴いたのが留学一年目くらいで私がセルジー・ポントワーズ音楽院にてジャン=イブ・フルモー先生に師事している最中でした。フルモー先生に習っていた頃は毎回レッスンではあの有名な<嵐のように褒めるスタイル>に疑問を感じながらもそれなりに頑張ってはいたつもりでした。

今思うと本当に「それなり」だったんだなと。甘すぎましたね。
セッティングも170のMPに3か3半のリードなだんて笑えます。笑
(そういう方もいらっしゃるとは思うのですが私の場合今は4のリードしか吹けないので。笑)
ペラペラな音で吹いていたのでしょうね、あのころの自分・・・。
丁度2年目のセルジーを卒業する前の春に日本で本格的なデビュー・リサイタルを今回もさせていただく水戸芸術館でしたのですがその頃の演奏ったら・・・まあ、ないですね・・・。汗
音も音楽も、今では聴いていられないでしょう。
「茨城県の演奏家による企画」の私の第1回目でした。
せっかくなのでと、ゲストには恩師の原博巳先生にご出演いただき記念すべき思い出深い日になりました。
(実は、あの頃の私は今よりも20キロ近く太っていたのです!)
いろいろ書き出すとキリが無いのでこの辺で・・・・。


そしてセルジーを卒業する前にさて次はどの先生に習いたいのか・・・
実はずっとクリスチャン・ヴィルトゥ氏に習いたくて留学を決めたようなものなので(これも日本人留学生が通る道で書類関係、紆余曲折あり)又もや手続きするにも上手くいかず・・・
ここまで来るとどうやらクリスチャンと縁が無いようにも感じてきます。笑
(結局後に留学4年目に運よく習う事が出来るようになるのですが)

あ、そういえばCDでも聴いたジュリアン・プティ氏っていったいどういう先生なのだろう?とふと思い、

その頃ジュリアンに教わっていた門ちゃんこと門馬さんのレッスンを見学させてもらうことに。
レッスンにトコトコついていった先はジュリアンのヴァンセンヌのご自宅。
とっても素敵なお家で、見とれていると、どうやらもうすぐ引っ越すとか、いつもヤドカリみたいな感じでなかなか家が決まらないとか、なんだか落ち着いた家が見つかっていないのだとか・・・
へえ~。フランスの人ってそういうものなのかな?などと考えていると。

玄関にジュリアン満面の笑みで登場。
「Bonjour~」

(「わ、若い!まるでアニキ的存在ではないか。」と私の心)

とそうこうしているうちにレッスン開始。


ジュリアンの音だしを聴いた瞬間・・・


私の耳は瞬殺されました。なんなんだこの上手さは・・・

ただのウォーミングアップが究極のレガーティッシシシモとインターバルの正確さ。勿論難なく出すフラジオ。
(注:ヴァンソンは勿論上手いですよ。しかし比にならないくらいジュリアンも相当の実力の持ち主です。)



そして驚いたのがこちらでは普通、曲のレッスンから急に始めるのだと思っていましたが(今までそうだったので)
スケールとタンギングとヴィブラートと全部一通りチェックして、はや1時間・・・。
やっと曲というかまずエチュード、曲。
2時間過ぎた・・・・。
どうやら、まだやるみたい。

さっきから聴こえる二階のチェロの音。
どうやら「奥さんが超美人チェリスト」って聞いてたけど。
ずっとスケールインターバルしかやってないんですけど。
しかもすごく綺麗な音でくり返し、何かを確かめながら丁寧に、という気持ちが伝わってくるような練習。
ああ、聴いていて居心地が良いなぁと思う基礎練習。
いっこうに終わる気配無し。
(この時私は「ああ、この人たちは練習しかしない家なんだな」と悟りました。笑)



こちらのサックスのレッスンも終わりが見えず。笑
しかし、どれも本当に細かくて丁寧で徹底していて出来るまで一緒に吹いてくださり、とにかく生徒に寄りそう感じが半端ない。


「あの私、あなたのレッスンに興味があります。是非あなたの学校を受験したいです。」
と私は自然に口からセリフがこぼれていました。

ジュリアンは「OK!じゃあ次からレッスンするから楽器と楽譜もってきてね。」
と、まあ、その次の週からはまだ学校にも入ってないのにも関わらずなぜか門ちゃんと同じように何時間もばっちりしごかれたわけですが、門ちゃんは完全帰国間際で忙しそうなのにも関わらず、ジュリアンのレッスンがギリギリまで続くから(入れてくる)大変!と言っていました。
仕舞には門ちゃんが完全帰国するときに空港まで車で送ってくれたという・・・。そんな先生いるのかい!笑
至れり尽くせりというか逆にスパルタなのか良くわからん。笑

現在はジュリアンはオーベルビリエ音楽院の教授ですが当時はカンブレという北フランスの音楽院で教えていたのでそこまで車で片道2時間の距離をほぼ毎回一緒に車に乗せて行ってくださいました。入試の日にはまだ暗い朝、ヴァンセンヌの駅で待ち合わせして迎えに来てくれて本当に緊張しながら話し(フランス語・・・きつい)2時間の車の中がとてつもなく長く感じられたのを今でも良く覚えています。フランス語がままならない私の言いたいことを一つづつ丁寧に理解しようとしてくれて疲れるだろうに・・・本当に良い先生でした。



次回、レッスンの内容について書きます。20100209070303(3).jpg
昨年の一月にパリでコンサートの前にレッスンしていただいたときの写真です。




<リサイタル情報!>

塙美里サクソフォン・リサイタル~ジュリアン・プティ氏を迎えて~    
神奈川公演  
◆日時:2016/03/14(月) 18:30開場19:00開演
会場:横浜みなとみらいホール(神奈川)
◆03/19(土)15:30開場 16:00開演
水戸芸術館コンサートホールATM(茨城)
◆03/21(月・祝)13:30開場 14:00開演
(公財)青山財団助成公演 
バロックザール 京都 青山音楽記念館
◆共演:酒井有彩(Pf) ジュリアン・プティ(sx) 大西智氏(sx)
◆全席自由 一般3000円 学生2000円◆プログラム:
N.アレンスキー:ピアノ三重奏
H.ヴィラ・ロボス:ファンタジア
クレズマー音楽
E.D.ファリャ:スペイン民謡組曲
チケット予約http://misatosax.wix.com/misatosax-#!contact/czpl
株式会社アクタス 03-5458-1521
パスレルアート&ミュージック 06-6415-9283 , 090-6061-1761
12247125_1075689339108599_5534433876849454208_n.jpg

ジュリアンてどんな人?①

今回ジュリアン・プティ氏を日本へ招待するにあたって、果たしてジュリアン・プティって誰?という若い世代の人も多いのではないでしょうか。実は今の40代手前くらいの先生方、先輩方はご自身が国際コンクールに出場されていた時にジュリアンに出会っていたり、フランスに留学されていたときの同級生、同世代だったりするので「ジュリアン、日本に呼んでくれてありがとう~!会えるのすごく楽しみ!会いにいくね。」と言ってくださったりでそれを聞くとこちらも本当に嬉しくなります。
ありがとうございます。

悲しいかな、今の学生さん世代はジュリアンのことをまったく知らない人も多いのが現実です。
かつて日本人の方も沢山出場されていた第3位を受賞したミュンヘン国際コンクールで名演を残したのは当時を知る人たちは誰もが口をそろえて、

「本当に凄かった。」
と。。。。
「う・・・・うますぎて唖然とした」

とうかがっています。
ジュリアンに教われたことは本当にラッキーなことだよ。
本当に留学して良かったね。と良く言われます。
彼は本当に素晴らしいサクソフォニストだよ。と。


私も出来たらコンクール当時の生演奏を是非聴きたかったなぁ。
確か2001年にミュンヘンがあったのでその頃私は高校生でした。
その頃聴いていたら・・・もっと世界の演奏家の情報を得ていたら・・・
しかし、その後すぐに2位を受賞したアレクサンドル・ドワジー氏が初来日して茨城県のド田舎から電車に乗って紀尾井ホールでのリサイタルを聴きにいったのも高校生の頃でした。帰りは当然最寄駅までの電車は終わっているので少し遠い駅まで両親に迎えに来てくれるようお願いして勉強になるコンサートには東京に行かせてくれた記憶があります。土日は東京にレッスンに通っていたのですがどうしても平日の夜に聴きたいコンサートが沢山あるので。

「なんかすごくうまい優雅なサクソフォンだなぁ」と漠然としたイメージを持ちました。
シュトックハウゼンを初めて聴いたのもそのとき。
「なんか、、、動いて吹いてる!」笑

はい、おばかな感想です。

ジュリアンはあの時3位だから日本に来これなかった。のではなく・・・
違う。演奏自体は順位に相反するときもある。
2位だったらドワジーではなくてジュリアンが紀尾井でリサイタルしていたのかな?
(いや、でもセルマーだから又違ってくるのだろうか。)
そう考えると、不思議です。


やっぱりだから....
あの時やっぱり日本人はジュリアンを良く知る術が無いままコンクールは終わっていったんですね。

高校生の時ミュンヘンを知ってその約10年後ジュリアンに出会い師事することになるとは、人生何があるかわからないなぁ、と。

フランスに留学してた頃に私の旦那さんが
「すっごいこの人うまいからこのCD聴いてごらんよ。」と差し出してくれたのがそのミュンヘンのコンクール録音のCD。
ジュリアンのロバのタージが尋常ならぬ速さと正確さに圧倒。
(後にジュリアンのレッスン名言集の中に「現代曲のポイントは、とにかく速く、正確に、ダイナミクスを拡張して。以上!」
と言われた事があります。汗)
こんな人いるんだ!すごい!
みたいな感じで様々な経緯を経てジュリアンと出会うわけですが。。。。

・・・それは又次回へ続く。

862e41_e3b427c836aa899fa376e30ddf1af7e5_jpg_srz_p_300_298_75_22_0_50_1_20_0.jpg
(これはたぶん8年前くらいのプロフィール写真・・・そろそろ新調してほしいなぁ。すでに4児のパパです・・・

                                                            子供。。。ふ、増えてる!汗)






<リサイタル情報!>

塙美里サクソフォン・リサイタル~ジュリアン・プティ氏を迎えて~    
神奈川公演  
◆日時:2016/03/14(月) 18:30開場19:00開演
会場:横浜みなとみらいホール(神奈川)
◆03/19(土)15:30開場 16:00開演
水戸芸術館コンサートホールATM(茨城)
◆03/21(月・祝)13:30開場 14:00開演
(公財)青山財団助成公演 
バロックザール 京都 青山音楽記念館
◆共演:酒井有彩(Pf) ジュリアン・プティ(sx) 大西智氏(sx)
◆全席自由 一般3000円 学生2000円◆プログラム:
N.アレンスキー:ピアノ三重奏
H.ヴィラ・ロボス:ファンタジア
クレズマー音楽
E.D.ファリャ:スペイン民謡組曲
チケット予約http://misatosax.wix.com/misatosax-#!contact/czpl
株式会社アクタス 03-5458-1521
パスレルアート&ミュージック 06-6415-9283 , 090-6061-1761
12247125_1075689339108599_5534433876849454208_n.jpg
プロフィール

塙美里

Author:塙美里
塙美里(サクソフォン)茨城県出身 

高度な技術を伴い、謙虚なひたむきさと情熱を持つ先進的なコンサートサクソフォニスト。2007年前田記念奨学生奨学金を授与され渡仏。2008年U.F.A.M国際音楽コンクール室内楽部門を審査員全員一致の第1位で優勝。(フランス)併せて審査員特別賞受賞。2011年レオポルド・ベラン国際音楽コンクール第1位受賞。2010年第8回パドパ国際音楽コンクールヴィルトゥオーゾ部門ディプロム取得。(イタリア)2011年第3回スタンジェル国際音楽コンクール第3位受賞。(スロベニア)その他、海外の様々なコンクールで入賞。フランス国立セルジー・ポントワーズ音楽院をサクソフォン科、室内楽科、共に最優秀の成績で卒業。カンブレ音楽院最高課程を審査員満場一致の称賛付きの首席で卒業。パリ13区モーリス・ラヴェル音楽院室内楽科で研鑽を積む。2010年にカンブレ音楽院教授ジュリアン・プティ氏の助手を務める。これまでにサクソフォンを原博巳、ジャン=イヴ・フルモー、ジュリアン・プティ、クリスチャン・ヴィルトゥ、ベアトリス・レイベル女史の各氏に師事。



その独特の煌びやかな音色と独創的な音楽性で国内外のリサイタルは満員の会場を湧かせている。所有するレパートリーは計り知れない。 ダニール・トリフォノフ氏(2011年チャイコフスキー国際コンクール優勝、グランプリ受賞)、フランス人作曲家A.ナルボーニ氏による日本初演作品を発表。現田茂夫氏指揮、日本センチュリー交響楽団とJ・イベールの協奏曲を大阪ザ・シンフォニーホールにて共演。ウィーンフィルの拠点の楽友協会にて現地のオーケストラとサンサーンスの序奏とロンド・カプリチオーソを共演。NHK-FMリサイタル・ノヴァ、ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンに出演。016年6月にはアメリカ、ウエスト・ヴァージニア大学にてソロ・リサイタルを開催予定。





2014年10月にオクタヴィアレコードより待望のデビュー・アルバム「エディット・ピアフを讃えて」をリリース。(世界初録音収録曲有り)発売日に予定枚数を完売し大きな話題を呼んだ。

塙美里公式ホームページ
http://misatosax.wix.com/misatosax-
twitter
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード