スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジュリアン・プティ氏を迎えて

いよいよ一回目の公演、みなとみらいホールの本番の日です。
この日は朝から練習したいとのジュリアンの要望により朝から各個人練習。
(「練習というか一人でアナリーゼしてたよ~。」)とのことでした。汗
頼みます!

お昼はショッピングモール内のビストロで。
本番前はパスタを食べることで有名なフランス人ですが、やはりこの人も
「本番前にはパスタだよね!」
と2人で美味しいカニクリームパスタをいただきました。

ジュリアンと一緒に演奏できる喜びも大きいですがこうしてプライベートもずーっと一緒にいて行動していく中で
彼の人となりを改めて感じたのは言うまでもありません。
今まで知っていたつもりで知らなかったジュリアンの一面や、素顔を知ることが出来ました。


この昼食の時のお題は
「日本の音楽界の事情」について。

このようなコンサートを開く場合も膨大な資金を要する国(日本)はとても大変だ。考えられない。
とのことでした。

よく今回のコンサートツアーの反響をいただき大変ありがたいことに
「また呼んでほしい」とたくさんの方に言われます。

もちろんジュリアンには日本に再来日してほしいと私たちも心から思いますが
何らかの事務所にご協力いただかない限りはかなり厳しい状況だと思います。
どなたかご興味ございましたらご連絡いただけますと大変ありがたく思います。
どうぞよろしくお願いいたします。



私も演奏に集中しながらのジュリアンのお世話はかなりきつかったです。というのが正直な気持ちでしょうか・・・


何を隠そう、ジュリアンが私自身がすべてのコンサートやツアーの滞在企画をしてることをかなり驚いているではありませんか・・・(あれほど言ったではないか・・・汗)
どうやらどこかの事務所関係の企画かと思っていたようで。
(あれほど言ったのに本当に把握していないんだな。笑)

「とにかく一公演目!集中していこう!」
と気持ちを1つにして臨んだみなとみらい。
「口が痛いよ~。どうしよう~」と涙目のジュリアン。
み「もういいから本番まで吹かないで。。。笑」

最後の曲のサンサーンスのみ演奏する大西智氏が彼の仕事の事情で会場に到着したのは18時10分。笑(開場18時30分)
もしかしたら早く着いているお客様より遅いかもしれない演奏者。
リハ15分してあとは本番!
デンジャーすぎました。笑

本番では隣にいるジュリアンの心境がもろに伝わってくる面白い体験ができました。
舞台上の熱気と乾燥具合はこれまでに経験したことがないくらいのレベルで半端なかったです。
このころから私のリードとマッピに対する疑問は深まっていったのでした。。。

やはり横浜公演は元留学生やサクソフォニスト、ピアニスト、クラリッティストの皆様などたくさんの若手ミュージシャンにお越しいただけてとてもうれしかったです。本当にありがとうございます。
終焉後の興奮の様子が伝わりジュリアンのCDも飛ぶように売れました。
12525637_1155720367772162_3713615588662619159_o.jpg

12068676_1155720447772154_2138159768497504081_o.jpg

12916234_1155720734438792_7274626550792164939_o.jpg

12916162_1155720954438770_8609419911317141048_o.jpg

このあと、水戸、京都、と続きましたが
同じプログラムであれ当然といえば当然なのですがまったく違う演奏になるのは不思議です。
気持ちの持ちようも各公演毎にかなり変わってきていることも実感しました。
スポンサーサイト

ジュリアン・プティ氏を迎えて

みなとみらいの本番は14日だったのであと、この2日間で合わせをして形にしないといけません。

ジュリアンが日本に到着したら自分の練習どころではなくなると大いに予想が出来たので今回の私のソロ曲であるサンサーンスの序奏とロンド・カプリチオーソは約1年前から準備していた難曲です。やり始めた頃は呼吸困難になるかと思うほど苦しくて仕方がなかったこの曲も難しさは感じていますが今ではすっかりお馴染みの一曲となりました。酒井さんには勿論ですが、ここまでお付き合いいただいたこの一年間ロンカプのピアノパートを弾いていただいたたくさんのピアニストさんに感謝です。ありがとうございます。またここからこの曲を再スタートできたらと思っております。

ドビュッシーの牧神はオケが原曲でありながら現在では様々な楽器によって演奏されている名曲です。
当然楽譜もたくさんの出版が出されているわけですが、楽譜によって音の扱い方が全然違います。
オケの曲をピアノとデュオにして演奏したときにどうしても必ず感じてしまうあっけなさと、スケールの小ささ・・・。
これをどうしたら「素敵に聴こえるか」
勉強課題が多い1曲となりました。
10275938_10208927087996811_1817381161943914644_n.jpg
(15年越しのMPを使用しているジュリアン。いつも「買ったほうが良い」とわかっているのにどうしても昔のタイプの170から抜け出せないと。わからなくもないけれど、買ったほうが良いよ?
合うリードがなかなか無いのはそのせいだよ?笑
今回アクタスで良さそうなMPを見つけて本気で買おうとしていたのですが最後の最後に「やっぱり買わない」と。
なんで・・・)



ジュリアンの今回のソロ曲は十八番であるヴィラ=ロボスとファリャ。
それからクレズマー。
ヴィラ=ロボスはこれまたオケ版が原曲なので楽譜ミスや出版違いによる音違いが多数・・・。
この2日間でここから作りなおしをしました。ピアノパートがかなり難しいなか酒井さんの腕にかかるとそのようなことは微塵も感じられずジュリアンは酒井さんとの初めての共演に心が躍っている様子でした。

よかったね!

この2曲に関してはジュリアンは楽譜をも持参しておりませんでした。笑
(クレズマー音楽は一応コード進行はあるもののジュリアンの即興次第で曲の長さが異なり、ピアノパートもつけるのが大変でした!)



肝心のアンサンブル。

J「美里、本当にセンスの良い素敵なプログラミングだね!ありがとう!」
「自分のパートが難しいからたくさん練習できてうれしいよ!」←少し皮肉入る。笑

とのことでしたので、
実はあまりにもジュリアンのパートの音が高すぎてひょっとしたらオクターヴ下げてくるかもしれない。
まあそれでもいいか。。。

と思っていたのですが、
当たり前ですがきちんとその音域で練習してきてくれたので
そこで少だけし感激!
アンサンブルの合わせでこんなに爆笑したのは久しぶりでしたし、
「もうジュリアンちゃんと練習してよー!」と、ふざけているフランス人を横目にいい加減怒りそうになったり
気を使っているつもりで冗談ばかり言っている様子がおかしくて、懐かしくて、楽しくて、

「まあ、いっか。」
と思ってしまうところもあったり。

J「美里、僕はこの曲どこから入ればいいの?」



そんなの知らん!
ちゃんと把握してこいー!

J「ホテルの部屋で夜勉強したいからスコア全部貸してくれない?」
どうぞどうぞどうぞ、くれぐれもよろしくお願いいたします。笑


この2日間で初めてのアクタス訪問もこなし、リペアも充分にしてもらい満足の様子でした。
このあたりから夕方のケーキタイム(夕方に必ず甘いものを食べたがる)は実行されたのでした。

とにかくまずは1回目の公演が大事だから、頑張ろう。
(しかも1日目に、横浜公演て結構凄い・・・笑
誰なんでしょう、このスケジュール設定したのは。笑)



ジュリアンがこの時からいつも言ってくれた印象に残る言葉

「僕は昔は君たちの先生だったけれど今は違う。同僚だよ!
同じ立場で一緒に練習して頑張ろう。だから気を使いすぎる必要はないよ。」



東京内の初めてのメトロ、人混みにもまれながらの移動、言葉、食文化の違い、コンサートオーガナイズのシステムの違い、たくさんのフランスとの「違い」を目の当たりにしている様子がうかがえた2日間だったように思います。

食事の時にボソッと「美里が普段どんなふうにしてコンサートをやりくりしているのか少し見えてきたような気がする」と。




941064_10208919261921164_6273909698745554210_n.jpg
(「いろいろな」笑いの絶えない合わせでした。笑)



ジュリアン・プティ氏を迎えて

ジュリアンが日本に到着するまで、はっきり言って本当に不安な日々が続きました。
何しろ10回に1回くらいしかメールの返事が無い人なので、
「本当に飛行機乗れたのかな?」「本当に日本に来るのかな?」
という・・・


み「来てね」
J「いいよ」




という感じでここまで来てしまったから
本当に?本当に来るの?笑


来なかったら大変なことになるけれど・・・

「キャンセル王」みたいな人だから何度圧力をかけたメールをしたらわからないけれど
スカイプでも少し怒ったし、
それでも不安だった。


(「もし来なかったらあの人とあの人に速攻フランスから来てもらおう。笑」という最悪の想像をいつもしていたくらい。)
しかしこのプロジェクトを何が何でも成功させたい。
という気持ちはゆるぎなく、それだけでここまでやってこれたようなもの。


ジュリアン、羽田に到着してそのまま滞在するホテルの馬車道へ。
夜の22:00頃でしたでしょうか。
早速ジュリアンとご対面!
本当にいるのよね?不安とドキドキが止まらなくて、扉を開けた瞬間
元気な「Bonjour~!」であの笑顔とともに約1年ぶりの再会を果たしました。
とても不思議な感覚!

お土産にフランスのショコラをいただきました。
よくTGVのある駅で見ていたショコラティエのショコラだったけれど、あえて買ったことは無かった。
やっぱりフランスのショコラは本当に美味しいね。
フレーバーの種類も豊富だし・・・


ジュリアンは私と良く似ていて
「飛行機では一睡もできない、何も食べられない、お腹が痛くなる、いつもトイレに行く・・・」
日本までの飛行時間、さぞかし辛かったでしょうに、
やっとホテルでお休みのところ起こしてしまったようでした。(ごめんよ)
でもお互いとても嬉しくて「何か食べにいこう!」となり
とりあえず近くのブリティッシュ・パブ風のカフェでハンバーガーとビールを美味しそうに召し上がられていました。
12805713_10208913517617560_18121805792310640_n.jpg


とりあえずこの日はジュリアンが無事に日本に着いて生きてくれていることだけで満足な私たちでした。が、
ハンバーガーを食べながら明日からの行動の確認をしていたら・・・

出るわ出るわ。全く把握していないこの懐かしい感じ。笑

一応↓このような細かい予定表を3か月前にはメールで送ってあるはずなのですが。
(不安なので毎回のメールで添付していた。さらに今回も何部かプリントアウトして持参。)


12321266_1153573791320153_4418829276669484830_n.jpg

「とにかく美里と智氏にどこまでも付いていくよ!よろしくね。」
と。

ま、丸投げですね。笑
もういいや、頑張って吹いてもらいましょう!
とにかく一生懸命働いてもらいましょ!

と決意を新たにした夜でした。

ただ一つ、言えることは・・・・

この夜に

ジュリアンの笑顔を見た瞬間に
「ああ、このツアーなんだかとっても上手く行くような気がしてきた。」

と内心思ったのです。

さっきまでパンパンに張っていた自分の体の力が面白いくらいに、あっという間にほぐれていくのがわかりました。


塙美里サクソフォンリサイタル~ジュリアン・プティ氏を迎えて~全日程終了報告

先日、無事に、人生最大の?プロジェクト、「塙美里サクソフォンリサイタル~ジュリアン・プティ氏を迎えて~」全日程を終了いたしました。(3月11日~24日の約2週間)


約6年前に私はジュリアンと出会いこのプロジェクトを思い描いて今まで過ごしてまいりました。

この夢がかなうまでの今までの時間は長いようであっという間だったのかもしれませんがどの経験もなくてはならないものでした。

特にフランスから帰国して「自分には日本で何ができるだろう」「フランスのスタイルのサクソフォンを伝えたい」
との一心でここまでやってこれたのだと思います。
その核となって自分の原点になった音、音楽がジュリアンとの出会いからでした。

このツアーが終わったときに、単に2週間を振り返るのではなくジュリアンと出会ってから今までの事が全部思い起こされました。

6年前あんなこともあったな。
こんなこともあったな。
あの時、本当はどう思っていたのだろう。20160321153854(19).jpg

今だからわかること、
今なら、より、分かり合えること。

たくさんあります。


「貫き通すこと」「やり遂げること」
でもそれは「頑固」ではなく
「共有する」こと。

最も大事なことは「音楽に集中する」こと。

彼からの教えは果てしないです。
言葉も文化も違う人間同士が何か大事なものを共有するとき、これを越えることが出来て「信頼」が生まれるのだなと
つくづく思いました。


少しずつではありますがこのツアーを振り返ってみたいと思いますので
お付き合いください。

まずはこのツアーを成功に導いてくださったご協力いただいた関係者の皆様、会場に足を運んでくださったお客様、遠いフランスから応援してくれた後輩、先輩、家族、すべての方に心より感謝申し上げます。
プロフィール

塙美里

Author:塙美里
塙美里(サクソフォン)茨城県出身 

高度な技術を伴い、謙虚なひたむきさと情熱を持つ先進的なコンサートサクソフォニスト。2007年前田記念奨学生奨学金を授与され渡仏。2008年U.F.A.M国際音楽コンクール室内楽部門を審査員全員一致の第1位で優勝。(フランス)併せて審査員特別賞受賞。2011年レオポルド・ベラン国際音楽コンクール第1位受賞。2010年第8回パドパ国際音楽コンクールヴィルトゥオーゾ部門ディプロム取得。(イタリア)2011年第3回スタンジェル国際音楽コンクール第3位受賞。(スロベニア)その他、海外の様々なコンクールで入賞。フランス国立セルジー・ポントワーズ音楽院をサクソフォン科、室内楽科、共に最優秀の成績で卒業。カンブレ音楽院最高課程を審査員満場一致の称賛付きの首席で卒業。パリ13区モーリス・ラヴェル音楽院室内楽科で研鑽を積む。2010年にカンブレ音楽院教授ジュリアン・プティ氏の助手を務める。これまでにサクソフォンを原博巳、ジャン=イヴ・フルモー、ジュリアン・プティ、クリスチャン・ヴィルトゥ、ベアトリス・レイベル女史の各氏に師事。



その独特の煌びやかな音色と独創的な音楽性で国内外のリサイタルは満員の会場を湧かせている。所有するレパートリーは計り知れない。 ダニール・トリフォノフ氏(2011年チャイコフスキー国際コンクール優勝、グランプリ受賞)、フランス人作曲家A.ナルボーニ氏による日本初演作品を発表。現田茂夫氏指揮、日本センチュリー交響楽団とJ・イベールの協奏曲を大阪ザ・シンフォニーホールにて共演。ウィーンフィルの拠点の楽友協会にて現地のオーケストラとサンサーンスの序奏とロンド・カプリチオーソを共演。NHK-FMリサイタル・ノヴァ、ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンに出演。016年6月にはアメリカ、ウエスト・ヴァージニア大学にてソロ・リサイタルを開催予定。





2014年10月にオクタヴィアレコードより待望のデビュー・アルバム「エディット・ピアフを讃えて」をリリース。(世界初録音収録曲有り)発売日に予定枚数を完売し大きな話題を呼んだ。

塙美里公式ホームページ
http://misatosax.wix.com/misatosax-
twitter
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。