FC2ブログ

塙美里サクソフォンリサイタル~M.シャガールの愛した音楽~公演詳細

 15, 2014 16:53
《あの有名画家シャガールと音楽に実は密接な関係が?!》

「パリの黄金期」と呼ばれた19世紀末から第一次世界大戦勃発(1914)までのパリが繁栄した華やかな時代は「ベル・エポック(良き時代)」と呼ばれます。19世紀の中ごろは普仏戦争に敗れ、不安定な政治体制が続きましたが、産業革命が進み、都市の消費文化が栄えるようになりました。伝説のレストラン、マキシムは1893年オープン。ベル・エポックに咲いた大輪の花としてその名をとどろかせました。
この公演にあたりさまざまな資料を読みあさりましたが益々シャガールを好きになったのは言うまでもありません。今回はシャガールとそんなパリの芸術家(音楽家)たちとのかかわりを持つ楽曲を集め、アンティークな教会空間でタイムスリップしたかのようなひとときをお過ごしいただきます。そして、ご来場いただいた方限定で当日はパリのエスプリ溢れるちょっとしたプレゼントをご用意させていただきました。中身は当日までのお楽しみ♪

皆様のご来場を、心よりお待ちしております。


塙美里サクソフォンリサイタル~M.シャガールの愛した音楽~

共演:酒井有彩(ピアノ)

酒井有彩 公式ホームページhttp://www.arisasakai.com/#


◆3月10日(東京公演)
18:30開場 19:00開演 全席自由 前売り3000円 当日3500円
ルーテル市ヶ谷教会http://www.l-i-c.com/

◆3月17日(大阪公演)
17:30開場 18:00開演 全席自由 前売り2000円 当日2500円
島之内教会http://www.shimanouchi-church.org/

◆チケット、公演に関するお問合わせ 080-4083-6159(当日受付にて取り置き可能)
misatosax@hotmail.co.jp
塙美里 公式ホームページ予約受付 http://misatosax.wix.com/misatosax-#!contact/czpl  
アクタスオンライン予約 http://nonaka-actus.com/?pid=64995380(東京公演のみ)




《Bistro Chagall》
夜の教会 「ビストロ・シャガール」へようこそ!

Bon appetit!



C.Debussy: le petit berger C.ドビュッシー:「子供の領分」より、小さな羊飼い
ちょこっと料理 Avant amuse
Premier Rhapsodie第一狂詩曲
一口料理 Amuse gueule
F.Poulenc:Melancolie F.プーランク:憂鬱
前菜 Les entrée
à la mémoire de Federico Garcia Lorca ガルシア・ロルカの思い出
スープ Les soupe
Clarinet Sonate クラリネットソナタ
お口直し Granité
M.Bloch:PrayerM. ブルッフ:祈り
主菜 Plat
S.Rachmaninov:Andante ラフマニノフ:アンダンテ
チーズ Les fromage
M.Ravel:Prelude M.ラヴェル:プレリュード
デザート Les dessert
Sonatine ソナチネ


Alors…vous voulez un cafe?
最後に・・・カフェはいかが?
写真 (2)

1016567_744821885528681_995962686_n.jpg
ランスの教会のステンドグラス

1656402_744821625528707_897746184_n.jpg
M.シャガール

1888518_744821502195386_1140897469_n.jpg
シャガールブルー

スポンサーサイト

COMMENT 0

WHAT'S NEW?