FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

塙美里サクソフォンリサイタル~M.シャガールの愛した音楽~公演詳細

《あの有名画家シャガールと音楽に実は密接な関係が?!》

「パリの黄金期」と呼ばれた19世紀末から第一次世界大戦勃発(1914)までのパリが繁栄した華やかな時代は「ベル・エポック(良き時代)」と呼ばれます。19世紀の中ごろは普仏戦争に敗れ、不安定な政治体制が続きましたが、産業革命が進み、都市の消費文化が栄えるようになりました。伝説のレストラン、マキシムは1893年オープン。ベル・エポックに咲いた大輪の花としてその名をとどろかせました。
この公演にあたりさまざまな資料を読みあさりましたが益々シャガールを好きになったのは言うまでもありません。今回はシャガールとそんなパリの芸術家(音楽家)たちとのかかわりを持つ楽曲を集め、アンティークな教会空間でタイムスリップしたかのようなひとときをお過ごしいただきます。そして、ご来場いただいた方限定で当日はパリのエスプリ溢れるちょっとしたプレゼントをご用意させていただきました。中身は当日までのお楽しみ♪

皆様のご来場を、心よりお待ちしております。


塙美里サクソフォンリサイタル~M.シャガールの愛した音楽~

共演:酒井有彩(ピアノ)

酒井有彩 公式ホームページhttp://www.arisasakai.com/#


◆3月10日(東京公演)
18:30開場 19:00開演 全席自由 前売り3000円 当日3500円
ルーテル市ヶ谷教会http://www.l-i-c.com/

◆3月17日(大阪公演)
17:30開場 18:00開演 全席自由 前売り2000円 当日2500円
島之内教会http://www.shimanouchi-church.org/

◆チケット、公演に関するお問合わせ 080-4083-6159(当日受付にて取り置き可能)
misatosax@hotmail.co.jp
塙美里 公式ホームページ予約受付 http://misatosax.wix.com/misatosax-#!contact/czpl  
アクタスオンライン予約 http://nonaka-actus.com/?pid=64995380(東京公演のみ)




《Bistro Chagall》
夜の教会 「ビストロ・シャガール」へようこそ!

Bon appetit!



C.Debussy: le petit berger C.ドビュッシー:「子供の領分」より、小さな羊飼い
ちょこっと料理 Avant amuse
Premier Rhapsodie第一狂詩曲
一口料理 Amuse gueule
F.Poulenc:Melancolie F.プーランク:憂鬱
前菜 Les entrée
à la mémoire de Federico Garcia Lorca ガルシア・ロルカの思い出
スープ Les soupe
Clarinet Sonate クラリネットソナタ
お口直し Granité
M.Bloch:PrayerM. ブルッフ:祈り
主菜 Plat
S.Rachmaninov:Andante ラフマニノフ:アンダンテ
チーズ Les fromage
M.Ravel:Prelude M.ラヴェル:プレリュード
デザート Les dessert
Sonatine ソナチネ


Alors…vous voulez un cafe?
最後に・・・カフェはいかが?
写真 (2)

1016567_744821885528681_995962686_n.jpg
ランスの教会のステンドグラス

1656402_744821625528707_897746184_n.jpg
M.シャガール

1888518_744821502195386_1140897469_n.jpg
シャガールブルー

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

塙美里

Author:塙美里
塙美里(サクソフォン)

高度な技術を伴い、謙虚なひたむきさと情熱を持つ先進的なソロコンサートサクソフォニスト。前田記念奨学生奨学金を授与され渡仏。U.F.A.M国際音楽コンクール室内楽部門を審査員全員一致の第1位で優勝。(フランス)併せて審査員特別賞受賞。レオポルド・ベラン国際音楽コンクール第1位受賞。第8回パドパ国際音楽コンクールヴィルトゥオーゾ部門ディプロム取得。(イタリア)その他、海外の様々なコンクールで入賞。フランス国立セルジー・ポントワーズ音楽院をサクソフォン科、室内楽科、共に最優秀の成績で卒業。カンブレ音楽院最高課程を審査員満場一致の称賛付きの首席で卒業。パリ13区モーリス・ラヴェル音楽院室内楽科で研鑽を積む。カンブレ音楽院教授ジュリアン・プティ氏の助手を務める。これまでにサクソフォンを原博巳、ジャン=イヴ・フルモー、ジュリアン・プティ、クリスチャン・ヴィルトゥ、ベアトリス・レイベル、ヴァンサン・ダヴィッド、パリ管弦楽団首席フルート奏者ヴァンサン・リュカの各氏に師事。リュカ氏のもとで学んだ経験から自らのサクソフォンに対する技術的なアプローチを微妙に修正し、彼女独自の解釈の世界をより一層深めることができたのである。

塙の音楽的好奇心は尽きることがなく、レパートリーは、バロック時代から現代まで実に幅広い。彼女は、プロコフィエフのフルートソナタやカチャトゥリアンのコンチェルトをサクソフォンで自在に吹きこなしロシア人作曲家の作品にも強い関心を寄せている。室内楽にも熱心で、現代作曲家の新作や、知られざる作品の紹介にも力を注いでいる。
その独特の煌びやかな音色と独創的な音楽性で国内外のリサイタルは満員の会場を湧かせている。所有するレパートリーは計り知れない。

現田茂夫氏指揮、日本センチュリー交響楽団とJ・イベールの協奏曲を大阪ザ・シンフォニーホールにて共演。ウィーンフィルの拠点の楽友協会にて現地のオーケストラとサン=サーンスの序奏とロンド・カプリチオーソを共演。ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン、世界サクソフォンコングレス、ottavaラジオ、新聞、TV,、NHK・FM「リサイタル・ノヴァ」に出演。セルマー・パリとヴァンドレン・パリの所属アーティスト。日本演奏連盟増山美知子奨励ニューアーティストリサイタルシリーズに出演。自身の企画コンサート「パリの屋根裏部屋」、独創的なテーマによるソロリサイタルを軸に国内のみにとどまらずヨーロッパ、アメリカ、アジア各国でも演奏活動を継続的に行っている。

2014年オクタヴィアレコードより待望のデビュー・アルバム「エディット・ピアフを讃えて」2018年セカンドアルバム「ロンド・カプリチオーソ」をリリース。(2枚共に世界初録音有り)これらの録音は、塙が今日のクラシック音楽界において将来を嘱望される素晴らしい歳能の持ち主であることが如実に示すものである。2020年オペラシティ文化財団B-Cリサイタルシリーズ出演アーティスト。

塙美里 公式HP http://misatosax.wix.com/misatosax-
ブログ http://misatosax.blog24.fc2.com/
塙美里 youtubeチャンネル
https://www.youtube.com/user/misatosax/videos?view_as=subscriber

塙美里公式ホームページ
http://misatosax.wix.com/misatosax-
twitter
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。