FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パリでのコンサート記録

10530670_882775025076804_6396036278696028023_n.jpg
だいぶ前の話になってしまいますが・・・

冬のバカンスはフランスへ3週間の旅に出かけました。
3週間と言うと長いようですが本当にあっという間でこれも向こうの友人知人のお陰でとても充実した旅になりましたことを心から感謝しています。ありがとうございました。
沢山の人に出会いいろんなことを話しいろんなところへ出かけ、いろんな物を食べ、見て、歩き、走り!聴き、、、、本当によく動き回った日々でした。(普段がいかに運動不足か思い知らされましたが・・・)
何と旅の一番最後にはかつての留学仲間であったサクソフォニストの外山舞さん(現在パリ音楽院)とピアニストのロー・磨秀君と愉快なコンサートをさせていただいて本当に楽しいフランス滞在でした。舞さんは若いのにとてもしっかり者でこのように普段から積極的にコンサートを行っていて立派だなと感心させられます。本当に素晴らしいです。
自分も留学中もっと自主的に動けばよかったなぁ。
もしかしたら留学生って誰もそうかもしれないですが実際留学してる時って練習や勉強、目の前のことで必死でゆうちよに観光なんかまったくしていないのですよね。。。
私もまったくその通りで留学から帰り日本で活動し、改めて訪れたフランスは改めて落ち着いて景色を眺めることができ、気持ちにもかなり余裕が生まれたのがわかりました。そういう意味では時の流れに感謝。

このメンバーのコンサートは合わせからドタバタでどうなることやら?でしたが楽しく終演!
3人の強烈で愉快な個性がさく裂し、幸せなひとときでした。

不幸なことにコンサートの数日前テロ事件があり、セルマーの周りは騒然としていましたが留学生や現地の方(セルマーのコンサートに普段から足を運ばれてる方)が物騒ななかこのコンサートに足を運んでくださってなんとも言えない気持ちになりました。
心より追悼の意を込めて演奏させていただきました。

プログラム

M.Ravel Sonatine
ラヴェル:ソナチネ
F.Poulenc Noverette
プーランク:ノヴェレッテ、クラリネットソナタ
F.Poulenc Sonate pour clarinette et piano Ⅱ,Ⅲ
Interprète : Misato Hanawa


Dai Fujikura Robicon 100 notes for solo clarinet
藤倉大:100note
A.Piazzolla Hisoire du Tango
ピアソラ:タンゴの歴史

Interprète : Maï Toyama

-Trio-
J.Ibert Deux Interludes
イベール:2つの間奏曲
D.Shostakovich Cinq pièces
ショスタコーヴィチ:5つの小品

アンコール
エディット・ピアフを讃えて
stay

合わせをしたりクロードのレッスンに行ったり、短期間だけれど妥協はしたくない。
そんな想いを乗せたアンサンブルでした。舞さんが練習の録音をよーく聴いてきてくれて分析しながらまた合わせ。
「今日テロあったから自宅待機で」という日もあり。笑
パリの危険な雰囲気、久々体感しました。ああ、こうだったなぁ。と。
「最後は強い気持ち」で、皆の集中力に大いに勇気を貰いました。


アンコールは私のデビュー・CDより「エディット・ピアフを讃えて」と、サプライズでローくんの素敵な歌声を皆さんにお届けしました。
Listen!こちら→stay
+

ピアニストとしては勿論ですがシンガーソングライターとしての才能も豊かなロー君です。
私が彼の曲の中で一番お気に入りの歌。是非アンコールで歌ったほしいと懇願して歌っていただきました。
本当に素敵でした!
お客さんもみなうっとり優しい笑顔に変わって・・・とっても良い時間を過ごせました。
是非聴いてみてください。いつかCDデビューしてほしいなぁとぼんやり思って考えてしまっています。。。(勝手に 笑)
聴きながらブログ書いてますがなんて良い声なんだろう。何度でもリピートして聴いてしまいます。
いつか又この2人と演させていただける日が来ますように。
フランスの滞在記はこちらでも追ってアップさせていただきます。
塙美里公式ホームページ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

塙美里

Author:塙美里
塙美里(サクソフォン)

高度な技術を伴い、謙虚なひたむきさと情熱を持つ先進的なソロコンサートサクソフォニスト。前田記念奨学生奨学金を授与され渡仏。U.F.A.M国際音楽コンクール室内楽部門を審査員全員一致の第1位で優勝。(フランス)併せて審査員特別賞受賞。レオポルド・ベラン国際音楽コンクール第1位受賞。第8回パドパ国際音楽コンクールヴィルトゥオーゾ部門ディプロム取得。(イタリア)その他、海外の様々なコンクールで入賞。フランス国立セルジー・ポントワーズ音楽院をサクソフォン科、室内楽科、共に最優秀の成績で卒業。カンブレ音楽院最高課程を審査員満場一致の称賛付きの首席で卒業。パリ13区モーリス・ラヴェル音楽院室内楽科で研鑽を積む。カンブレ音楽院教授ジュリアン・プティ氏の助手を務める。これまでにサクソフォンを原博巳、ジャン=イヴ・フルモー、ジュリアン・プティ、クリスチャン・ヴィルトゥ、ベアトリス・レイベル、ヴァンサン・ダヴィッド、パリ管弦楽団首席フルート奏者ヴァンサン・リュカの各氏に師事。リュカ氏のもとで学んだ経験から自らのサクソフォンに対する技術的なアプローチを微妙に修正し、彼女独自の解釈の世界をより一層深めることができたのである。

塙の音楽的好奇心は尽きることがなく、レパートリーは、バロック時代から現代まで実に幅広い。彼女は、プロコフィエフのフルートソナタやカチャトゥリアンのコンチェルトをサクソフォンで自在に吹きこなしロシア人作曲家の作品にも強い関心を寄せている。室内楽にも熱心で、現代作曲家の新作や、知られざる作品の紹介にも力を注いでいる。
その独特の煌びやかな音色と独創的な音楽性で国内外のリサイタルは満員の会場を湧かせている。所有するレパートリーは計り知れない。

現田茂夫氏指揮、日本センチュリー交響楽団とJ・イベールの協奏曲を大阪ザ・シンフォニーホールにて共演。ウィーンフィルの拠点の楽友協会にて現地のオーケストラとサン=サーンスの序奏とロンド・カプリチオーソを共演。ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン、世界サクソフォンコングレス、ottavaラジオ、新聞、TV,、NHK・FM「リサイタル・ノヴァ」に出演。セルマー・パリとヴァンドレン・パリの所属アーティスト。日本演奏連盟増山美知子奨励ニューアーティストリサイタルシリーズに出演。自身の企画コンサート「パリの屋根裏部屋」、独創的なテーマによるソロリサイタルを軸に国内のみにとどまらずヨーロッパ、アメリカ、アジア各国でも演奏活動を継続的に行っている。

2014年オクタヴィアレコードより待望のデビュー・アルバム「エディット・ピアフを讃えて」2018年セカンドアルバム「ロンド・カプリチオーソ」をリリース。(2枚共に世界初録音有り)これらの録音は、塙が今日のクラシック音楽界において将来を嘱望される素晴らしい歳能の持ち主であることが如実に示すものである。2020年オペラシティ文化財団B-Cリサイタルシリーズ出演アーティスト。

塙美里 公式HP http://misatosax.wix.com/misatosax-
ブログ http://misatosax.blog24.fc2.com/
塙美里 youtubeチャンネル
https://www.youtube.com/user/misatosax/videos?view_as=subscriber

塙美里公式ホームページ
http://misatosax.wix.com/misatosax-
twitter
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。