ジュリアンてどんな人?①

今回ジュリアン・プティ氏を日本へ招待するにあたって、果たしてジュリアン・プティって誰?という若い世代の人も多いのではないでしょうか。実は今の40代手前くらいの先生方、先輩方はご自身が国際コンクールに出場されていた時にジュリアンに出会っていたり、フランスに留学されていたときの同級生、同世代だったりするので「ジュリアン、日本に呼んでくれてありがとう~!会えるのすごく楽しみ!会いにいくね。」と言ってくださったりでそれを聞くとこちらも本当に嬉しくなります。
ありがとうございます。

悲しいかな、今の学生さん世代はジュリアンのことをまったく知らない人も多いのが現実です。
かつて日本人の方も沢山出場されていた第3位を受賞したミュンヘン国際コンクールで名演を残したのは当時を知る人たちは誰もが口をそろえて、

「本当に凄かった。」
と。。。。
「う・・・・うますぎて唖然とした」

とうかがっています。
ジュリアンに教われたことは本当にラッキーなことだよ。
本当に留学して良かったね。と良く言われます。
彼は本当に素晴らしいサクソフォニストだよ。と。


私も出来たらコンクール当時の生演奏を是非聴きたかったなぁ。
確か2001年にミュンヘンがあったのでその頃私は高校生でした。
その頃聴いていたら・・・もっと世界の演奏家の情報を得ていたら・・・
しかし、その後すぐに2位を受賞したアレクサンドル・ドワジー氏が初来日して茨城県のド田舎から電車に乗って紀尾井ホールでのリサイタルを聴きにいったのも高校生の頃でした。帰りは当然最寄駅までの電車は終わっているので少し遠い駅まで両親に迎えに来てくれるようお願いして勉強になるコンサートには東京に行かせてくれた記憶があります。土日は東京にレッスンに通っていたのですがどうしても平日の夜に聴きたいコンサートが沢山あるので。

「なんかすごくうまい優雅なサクソフォンだなぁ」と漠然としたイメージを持ちました。
シュトックハウゼンを初めて聴いたのもそのとき。
「なんか、、、動いて吹いてる!」笑

はい、おばかな感想です。

ジュリアンはあの時3位だから日本に来これなかった。のではなく・・・
違う。演奏自体は順位に相反するときもある。
2位だったらドワジーではなくてジュリアンが紀尾井でリサイタルしていたのかな?
(いや、でもセルマーだから又違ってくるのだろうか。)
そう考えると、不思議です。


やっぱりだから....
あの時やっぱり日本人はジュリアンを良く知る術が無いままコンクールは終わっていったんですね。

高校生の時ミュンヘンを知ってその約10年後ジュリアンに出会い師事することになるとは、人生何があるかわからないなぁ、と。

フランスに留学してた頃に私の旦那さんが
「すっごいこの人うまいからこのCD聴いてごらんよ。」と差し出してくれたのがそのミュンヘンのコンクール録音のCD。
ジュリアンのロバのタージが尋常ならぬ速さと正確さに圧倒。
(後にジュリアンのレッスン名言集の中に「現代曲のポイントは、とにかく速く、正確に、ダイナミクスを拡張して。以上!」
と言われた事があります。汗)
こんな人いるんだ!すごい!
みたいな感じで様々な経緯を経てジュリアンと出会うわけですが。。。。

・・・それは又次回へ続く。

862e41_e3b427c836aa899fa376e30ddf1af7e5_jpg_srz_p_300_298_75_22_0_50_1_20_0.jpg
(これはたぶん8年前くらいのプロフィール写真・・・そろそろ新調してほしいなぁ。すでに4児のパパです・・・

                                                            子供。。。ふ、増えてる!汗)






<リサイタル情報!>

塙美里サクソフォン・リサイタル~ジュリアン・プティ氏を迎えて~    
神奈川公演  
◆日時:2016/03/14(月) 18:30開場19:00開演
会場:横浜みなとみらいホール(神奈川)
◆03/19(土)15:30開場 16:00開演
水戸芸術館コンサートホールATM(茨城)
◆03/21(月・祝)13:30開場 14:00開演
(公財)青山財団助成公演 
バロックザール 京都 青山音楽記念館
◆共演:酒井有彩(Pf) ジュリアン・プティ(sx) 大西智氏(sx)
◆全席自由 一般3000円 学生2000円◆プログラム:
N.アレンスキー:ピアノ三重奏
H.ヴィラ・ロボス:ファンタジア
クレズマー音楽
E.D.ファリャ:スペイン民謡組曲
チケット予約http://misatosax.wix.com/misatosax-#!contact/czpl
株式会社アクタス 03-5458-1521
パスレルアート&ミュージック 06-6415-9283 , 090-6061-1761
12247125_1075689339108599_5534433876849454208_n.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

塙美里

Author:塙美里
塙美里(サクソフォン)茨城県出身 

高度な技術を伴い、謙虚なひたむきさと情熱を持つ先進的なコンサートサクソフォニスト。2007年前田記念奨学生奨学金を授与され渡仏。2008年U.F.A.M国際音楽コンクール室内楽部門を審査員全員一致の第1位で優勝。(フランス)併せて審査員特別賞受賞。2011年レオポルド・ベラン国際音楽コンクール第1位受賞。2010年第8回パドパ国際音楽コンクールヴィルトゥオーゾ部門ディプロム取得。(イタリア)2011年第3回スタンジェル国際音楽コンクール第3位受賞。(スロベニア)その他、海外の様々なコンクールで入賞。フランス国立セルジー・ポントワーズ音楽院をサクソフォン科、室内楽科、共に最優秀の成績で卒業。カンブレ音楽院最高課程を審査員満場一致の称賛付きの首席で卒業。パリ13区モーリス・ラヴェル音楽院室内楽科で研鑽を積む。2010年にカンブレ音楽院教授ジュリアン・プティ氏の助手を務める。これまでにサクソフォンを原博巳、ジャン=イヴ・フルモー、ジュリアン・プティ、クリスチャン・ヴィルトゥ、ベアトリス・レイベル女史の各氏に師事。



その独特の煌びやかな音色と独創的な音楽性で国内外のリサイタルは満員の会場を湧かせている。所有するレパートリーは計り知れない。 ダニール・トリフォノフ氏(2011年チャイコフスキー国際コンクール優勝、グランプリ受賞)、フランス人作曲家A.ナルボーニ氏による日本初演作品を発表。現田茂夫氏指揮、日本センチュリー交響楽団とJ・イベールの協奏曲を大阪ザ・シンフォニーホールにて共演。ウィーンフィルの拠点の楽友協会にて現地のオーケストラとサンサーンスの序奏とロンド・カプリチオーソを共演。NHK-FMリサイタル・ノヴァ、ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンに出演。アメリカ、ヨーロッパ各地、アジア各国でソロ・リサイタルを開催。

現在、尚美ミュージックカレッジ専門学校コンセルヴァトアールディプロマ科講師。





2014年10月にオクタヴィアレコードより待望のデビュー・アルバム「エディット・ピアフを讃えて」をリリース。(世界初録音収録曲有り)発売日に予定枚数を完売し大きな話題を呼んだ。

塙美里公式ホームページ
http://misatosax.wix.com/misatosax-
twitter
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード