スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジュリアンてどんな人②

さて前回の続きの流れからまいりますと、そのジュリアンのミュンヘンのライブCDを聴いたのが留学一年目くらいで私がセルジー・ポントワーズ音楽院にてジャン=イブ・フルモー先生に師事している最中でした。フルモー先生に習っていた頃は毎回レッスンではあの有名な<嵐のように褒めるスタイル>に疑問を感じながらもそれなりに頑張ってはいたつもりでした。

今思うと本当に「それなり」だったんだなと。甘すぎましたね。
セッティングも170のMPに3か3半のリードなだんて笑えます。笑
(そういう方もいらっしゃるとは思うのですが私の場合今は4のリードしか吹けないので。笑)
ペラペラな音で吹いていたのでしょうね、あのころの自分・・・。
丁度2年目のセルジーを卒業する前の春に日本で本格的なデビュー・リサイタルを今回もさせていただく水戸芸術館でしたのですがその頃の演奏ったら・・・まあ、ないですね・・・。汗
音も音楽も、今では聴いていられないでしょう。
「茨城県の演奏家による企画」の私の第1回目でした。
せっかくなのでと、ゲストには恩師の原博巳先生にご出演いただき記念すべき思い出深い日になりました。
(実は、あの頃の私は今よりも20キロ近く太っていたのです!)
いろいろ書き出すとキリが無いのでこの辺で・・・・。


そしてセルジーを卒業する前にさて次はどの先生に習いたいのか・・・
実はずっとクリスチャン・ヴィルトゥ氏に習いたくて留学を決めたようなものなので(これも日本人留学生が通る道で書類関係、紆余曲折あり)又もや手続きするにも上手くいかず・・・
ここまで来るとどうやらクリスチャンと縁が無いようにも感じてきます。笑
(結局後に留学4年目に運よく習う事が出来るようになるのですが)

あ、そういえばCDでも聴いたジュリアン・プティ氏っていったいどういう先生なのだろう?とふと思い、

その頃ジュリアンに教わっていた門ちゃんこと門馬さんのレッスンを見学させてもらうことに。
レッスンにトコトコついていった先はジュリアンのヴァンセンヌのご自宅。
とっても素敵なお家で、見とれていると、どうやらもうすぐ引っ越すとか、いつもヤドカリみたいな感じでなかなか家が決まらないとか、なんだか落ち着いた家が見つかっていないのだとか・・・
へえ~。フランスの人ってそういうものなのかな?などと考えていると。

玄関にジュリアン満面の笑みで登場。
「Bonjour~」

(「わ、若い!まるでアニキ的存在ではないか。」と私の心)

とそうこうしているうちにレッスン開始。


ジュリアンの音だしを聴いた瞬間・・・


私の耳は瞬殺されました。なんなんだこの上手さは・・・

ただのウォーミングアップが究極のレガーティッシシシモとインターバルの正確さ。勿論難なく出すフラジオ。
(注:ヴァンソンは勿論上手いですよ。しかし比にならないくらいジュリアンも相当の実力の持ち主です。)



そして驚いたのがこちらでは普通、曲のレッスンから急に始めるのだと思っていましたが(今までそうだったので)
スケールとタンギングとヴィブラートと全部一通りチェックして、はや1時間・・・。
やっと曲というかまずエチュード、曲。
2時間過ぎた・・・・。
どうやら、まだやるみたい。

さっきから聴こえる二階のチェロの音。
どうやら「奥さんが超美人チェリスト」って聞いてたけど。
ずっとスケールインターバルしかやってないんですけど。
しかもすごく綺麗な音でくり返し、何かを確かめながら丁寧に、という気持ちが伝わってくるような練習。
ああ、聴いていて居心地が良いなぁと思う基礎練習。
いっこうに終わる気配無し。
(この時私は「ああ、この人たちは練習しかしない家なんだな」と悟りました。笑)



こちらのサックスのレッスンも終わりが見えず。笑
しかし、どれも本当に細かくて丁寧で徹底していて出来るまで一緒に吹いてくださり、とにかく生徒に寄りそう感じが半端ない。


「あの私、あなたのレッスンに興味があります。是非あなたの学校を受験したいです。」
と私は自然に口からセリフがこぼれていました。

ジュリアンは「OK!じゃあ次からレッスンするから楽器と楽譜もってきてね。」
と、まあ、その次の週からはまだ学校にも入ってないのにも関わらずなぜか門ちゃんと同じように何時間もばっちりしごかれたわけですが、門ちゃんは完全帰国間際で忙しそうなのにも関わらず、ジュリアンのレッスンがギリギリまで続くから(入れてくる)大変!と言っていました。
仕舞には門ちゃんが完全帰国するときに空港まで車で送ってくれたという・・・。そんな先生いるのかい!笑
至れり尽くせりというか逆にスパルタなのか良くわからん。笑

現在はジュリアンはオーベルビリエ音楽院の教授ですが当時はカンブレという北フランスの音楽院で教えていたのでそこまで車で片道2時間の距離をほぼ毎回一緒に車に乗せて行ってくださいました。入試の日にはまだ暗い朝、ヴァンセンヌの駅で待ち合わせして迎えに来てくれて本当に緊張しながら話し(フランス語・・・きつい)2時間の車の中がとてつもなく長く感じられたのを今でも良く覚えています。フランス語がままならない私の言いたいことを一つづつ丁寧に理解しようとしてくれて疲れるだろうに・・・本当に良い先生でした。



次回、レッスンの内容について書きます。20100209070303(3).jpg
昨年の一月にパリでコンサートの前にレッスンしていただいたときの写真です。




<リサイタル情報!>

塙美里サクソフォン・リサイタル~ジュリアン・プティ氏を迎えて~    
神奈川公演  
◆日時:2016/03/14(月) 18:30開場19:00開演
会場:横浜みなとみらいホール(神奈川)
◆03/19(土)15:30開場 16:00開演
水戸芸術館コンサートホールATM(茨城)
◆03/21(月・祝)13:30開場 14:00開演
(公財)青山財団助成公演 
バロックザール 京都 青山音楽記念館
◆共演:酒井有彩(Pf) ジュリアン・プティ(sx) 大西智氏(sx)
◆全席自由 一般3000円 学生2000円◆プログラム:
N.アレンスキー:ピアノ三重奏
H.ヴィラ・ロボス:ファンタジア
クレズマー音楽
E.D.ファリャ:スペイン民謡組曲
チケット予約http://misatosax.wix.com/misatosax-#!contact/czpl
株式会社アクタス 03-5458-1521
パスレルアート&ミュージック 06-6415-9283 , 090-6061-1761
12247125_1075689339108599_5534433876849454208_n.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

塙美里

Author:塙美里
塙美里(サクソフォン)茨城県出身 

高度な技術を伴い、謙虚なひたむきさと情熱を持つ先進的なコンサートサクソフォニスト。2007年前田記念奨学生奨学金を授与され渡仏。2008年U.F.A.M国際音楽コンクール室内楽部門を審査員全員一致の第1位で優勝。(フランス)併せて審査員特別賞受賞。2011年レオポルド・ベラン国際音楽コンクール第1位受賞。2010年第8回パドパ国際音楽コンクールヴィルトゥオーゾ部門ディプロム取得。(イタリア)2011年第3回スタンジェル国際音楽コンクール第3位受賞。(スロベニア)その他、海外の様々なコンクールで入賞。フランス国立セルジー・ポントワーズ音楽院をサクソフォン科、室内楽科、共に最優秀の成績で卒業。カンブレ音楽院最高課程を審査員満場一致の称賛付きの首席で卒業。パリ13区モーリス・ラヴェル音楽院室内楽科で研鑽を積む。2010年にカンブレ音楽院教授ジュリアン・プティ氏の助手を務める。これまでにサクソフォンを原博巳、ジャン=イヴ・フルモー、ジュリアン・プティ、クリスチャン・ヴィルトゥ、ベアトリス・レイベル女史の各氏に師事。



その独特の煌びやかな音色と独創的な音楽性で国内外のリサイタルは満員の会場を湧かせている。所有するレパートリーは計り知れない。 ダニール・トリフォノフ氏(2011年チャイコフスキー国際コンクール優勝、グランプリ受賞)、フランス人作曲家A.ナルボーニ氏による日本初演作品を発表。現田茂夫氏指揮、日本センチュリー交響楽団とJ・イベールの協奏曲を大阪ザ・シンフォニーホールにて共演。ウィーンフィルの拠点の楽友協会にて現地のオーケストラとサンサーンスの序奏とロンド・カプリチオーソを共演。NHK-FMリサイタル・ノヴァ、ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンに出演。016年6月にはアメリカ、ウエスト・ヴァージニア大学にてソロ・リサイタルを開催予定。





2014年10月にオクタヴィアレコードより待望のデビュー・アルバム「エディット・ピアフを讃えて」をリリース。(世界初録音収録曲有り)発売日に予定枚数を完売し大きな話題を呼んだ。

塙美里公式ホームページ
http://misatosax.wix.com/misatosax-
twitter
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。