FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出会い

リサイタルとは一言で言っても、東京の中央で行うオペラシティ公演は私にとってとても意味のあるものでした。
これまで何度も回を重ねてきたリサイタルですが、いつも皆さんの熱い応援に感動をもらっています。
本当にありがとうございます。

今回は難曲が多いなか、新曲もあり、なかなかハードな内容でしたが
音楽としての流れや内容は興味深く仕上げてきました。
音楽の持つ力がここまで私を連れてきてくれたのだと思います。
一曲目にもってきたプロコフィエフのヴァイオリンソナタ(フルートソナタ)はこの一年間かけて勉強してきました。
不思議とこのような難曲はやればやるほどまだまだできる気がしてきてまう、それだけ伸びしろが大きい曲だということで長い時間を共有するに値する分身のような曲だなと感じています。まだこれからもどんどん演奏してゆきたい曲の一つとなりました。
今回は大学の先輩である「博士」の名で有名な佐藤淳一先輩に楽譜をお借りしてまたそれから自分なりに編曲して演奏いたしました。サクソフォンと原曲の良さが引き出せるように・・・。

また、11月24日にパリ管弦楽団のフルート奏者のヴァンサン・リュカ氏のマスタークラスを受講し、かなり良いアドバイスを受けました。

「マダム、サクソフォン!吹きすぎ!落ち着いて!笑」
というわけで、静かに自分の音に耳を澄ましてゆっくりpで練習。

という課題をいただき、日々その訓練にいそしみました。15326360_1374441232566740_6560588455951303665_n.jpg

(終わった後の方が愛着が沸きます。笑)

(いつも不思議がられますが私は何度もフラジオを練習しても何時間どれだけ練習しても口がまったく痛くならない、まさに「鉄の唇」を所持しているようです。笑)
この曲の魅力、決めて、は一楽章の冒頭、3楽章、で恋に落ちるかどうか。
がカギとなります。
初めてコンサートに来たお客様、寒い中わざわざ駆けつけてくださったお客様に、最初に聴かせる「音」は一番最高の音色にしたい。(最初に聴かせる音が「チューニング」では悲しすぎます)
そんな想いの「㋛ー」でした。
私が初めてこの曲をサクソフォンで演奏するのを聞いたのが2007年フランス・ギャップの講習会でクリスチャン・ヴィルトゥ氏の演奏です。冒頭で、彼の世界観が、わぁーっと広がっていったのを覚えています。こんな難しい曲絶対吹けない!とあの頃は思っていました。あれから約10年・・・。

リサイタルが開演するまでは自分の想いが溢れだしそうで満タンのタンクを、いかなる方法を使ってでも、あんなことこんなことを表現したくて、終焉したときはお客様から溢れんばかりの愛情をいただいて・・・。

不思議とリサイタルが終わった今、疲れているはずなのにどんどんアイディアが沸いてきます。
さて次はどんな舞台にしよう?
にやけが止まりません!

15380508_1374440992566764_599834258038908190_n.jpg



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

塙美里

Author:塙美里
塙美里(サクソフォン)

高度な技術を伴い、謙虚なひたむきさと情熱を持つ先進的なソロコンサートサクソフォニスト。前田記念奨学生奨学金を授与され渡仏。U.F.A.M国際音楽コンクール室内楽部門を審査員全員一致の第1位で優勝。(フランス)併せて審査員特別賞受賞。レオポルド・ベラン国際音楽コンクール第1位受賞。第8回パドパ国際音楽コンクールヴィルトゥオーゾ部門ディプロム取得。(イタリア)その他、海外の様々なコンクールで入賞。フランス国立セルジー・ポントワーズ音楽院をサクソフォン科、室内楽科、共に最優秀の成績で卒業。カンブレ音楽院最高課程を審査員満場一致の称賛付きの首席で卒業。パリ13区モーリス・ラヴェル音楽院室内楽科で研鑽を積む。カンブレ音楽院教授ジュリアン・プティ氏の助手を務める。これまでにサクソフォンを原博巳、ジャン=イヴ・フルモー、ジュリアン・プティ、クリスチャン・ヴィルトゥ、ベアトリス・レイベル、ヴァンサン・ダヴィッド、パリ管弦楽団首席フルート奏者ヴァンサン・リュカの各氏に師事。リュカ氏のもとで学んだ経験から自らのサクソフォンに対する技術的なアプローチを微妙に修正し、彼女独自の解釈の世界をより一層深めることができたのである。

塙の音楽的好奇心は尽きることがなく、レパートリーは、バロック時代から現代まで実に幅広い。彼女は、プロコフィエフのフルートソナタやカチャトゥリアンのコンチェルトをサクソフォンで自在に吹きこなしロシア人作曲家の作品にも強い関心を寄せている。室内楽にも熱心で、現代作曲家の新作や、知られざる作品の紹介にも力を注いでいる。
その独特の煌びやかな音色と独創的な音楽性で国内外のリサイタルは満員の会場を湧かせている。所有するレパートリーは計り知れない。

現田茂夫氏指揮、日本センチュリー交響楽団とJ・イベールの協奏曲を大阪ザ・シンフォニーホールにて共演。ウィーンフィルの拠点の楽友協会にて現地のオーケストラとサン=サーンスの序奏とロンド・カプリチオーソを共演。ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン、世界サクソフォンコングレス、ottavaラジオ、新聞、TV,、NHK・FM「リサイタル・ノヴァ」に出演。セルマー・パリとヴァンドレン・パリの所属アーティスト。日本演奏連盟増山美知子奨励ニューアーティストリサイタルシリーズに出演。自身の企画コンサート「パリの屋根裏部屋」、独創的なテーマによるソロリサイタルを軸に国内のみにとどまらずヨーロッパ、アメリカ、アジア各国でも演奏活動を継続的に行っている。

2014年オクタヴィアレコードより待望のデビュー・アルバム「エディット・ピアフを讃えて」2018年セカンドアルバム「ロンド・カプリチオーソ」をリリース。(2枚共に世界初録音有り)これらの録音は、塙が今日のクラシック音楽界において将来を嘱望される素晴らしい歳能の持ち主であることが如実に示すものである。2020年オペラシティ文化財団B-Cリサイタルシリーズ出演アーティスト。

塙美里 公式HP http://misatosax.wix.com/misatosax-
ブログ http://misatosax.blog24.fc2.com/
塙美里 youtubeチャンネル
https://www.youtube.com/user/misatosax/videos?view_as=subscriber

塙美里公式ホームページ
http://misatosax.wix.com/misatosax-
twitter
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。