FC2ブログ

ショパン×サクソフォン

 08, 2017 08:40
ショパン サクソフォン
ショパン裏

久々の更新です・・・
夏、真っ盛りですが、初秋のコンサートシーズンのお知らせをさせていただきます。

今年はソロリサイタルをたくさんさせていただく機会に恵まれ、ついこの間7月14日にルーテル市ヶ谷にて~パリ祭の夕べ~という公演を終えたところですが一息つく暇もなく今度は9月22日にまた同じ会場、ルーテル市ヶ谷にて~サクソフォン×ショパン~というテーマのリサイタルを行います。

演目の半分は大好きなフランスの作品とずっと演奏機会を見計らっていたシューマン、後半はショパンの作品をサクソフォンとピアノ用にアレンジしました。

ブーランジェの夜想曲は私の大好きなヴァイオリニスト、ジャニーヌ・ヤンセンのCDを聴いているうちに虜になり関西でも一度コンサートで演奏したことがあります。
ラモーのクラヴサンは2010年のフランス・ギャップの講習会にてヴァンソン・ダヴィット氏が夜のコンサートのオープニングで演奏し、それはそれは素晴らしく、それ以来私の憧れの1曲となっています。今でもその頃の録音とビデオを毎日欠かさず見ています。

後半のショパンの作品、マズルカ、プレリュード、ワルツは個人的に好きな多くの作品の中からサクソフォンにもっとも適するような作品を絞りました。(これが非常に難しい作業でした)序奏と華麗なるポロネーズはパリ留学時代、13区音楽院の先生であるクリスチャン・ヴィルトゥ氏のもとで学んでいた友達がレッスンで勉強していたということもあり、サクソフォンでも充分に曲の魅力を引き出せるのではないかと思いました。(彼はバリトンサクソフォンでしたが私はテナーサクソフォンで演奏いたします。)

そしてピアニストには2011年に水戸芸術館にて私のリサイタルで共演してくださった木米真理恵さんをお迎えしてお送りいたします。
真理恵さんは今年ポーランドから完全帰国され日本を拠点に活動を展開されております。
「ショパン」といえば、真理恵さん。
以前、共演したころとはお互い変化している部分が多いと思いますので、これからのリハーサルがとても楽しみです。
当日は真理恵さんのピアノソロ、ノクターン62-2も演奏していただくので是非楽しみにしていてください!



◆塙 美里サクソフォン・リサイタル
サクソフォン×ショパン
共演:木米真理恵(Pf)
◆2017/09/22(Fri.)19:00 大人3000円 学生2000円(当日500円増し)
◆ルーテル市ヶ谷ホール
◆ブーランジェ:夜想曲
ラモー:クラヴサン曲集より
シューマン:幻想小曲集 73
ショパン:序奏と華麗なるポロネーズ、
     マズルカOp.24-2、プレリュード No.17、
     ワルツ19 Op.posth. B.150
     ノクターン Op.62-2(ピアノソロ)


チケットは出演者、または
アクタスチケットオンライン
http://nonaka-actus.com/?pid=120291181

パスレルアートミュージックhttp://passerelle-artmusic.com tel 090-6061-1761
塙美里 公式HP http://misatosax.wixsite.com/misatosax-/contact
までお気軽にどうぞ♩






スポンサーサイト

COMMENT 0

WHAT'S NEW?